コルサの毎日がヒルクライム

あちこち大雨で被害が出ていますが幸い中部地方はそれほどの被害もなく、そのうえ12日は好天に恵まれたので(気が引けるけど)・・・古墳探索サイクリングに出かけることにしました。

s-20200712_112255_LI
↑豊田市の昭和の森に車を停めて自転車を下ろしサイクリングスタート。

s-DSC03157
↑少しはロードレーサーに慣れたかと思いましたが、まだ変速にまごついています。右左、大小どちらのどのレバーを操作すれば自分の希望するギヤ比になるかまだ理解出来ていないようで・・・(笑)

s-DSC03125
↑古墳探索の前に「お昼」にしようと古墳近くの高台に登ってみました。ここはマレットゴルフ場の施設で東屋、ベンチもあり何より風通しが良くて気持ちが良い。さらに景色も最高でした。間抜けにも画像から切れていますが左手には猿投山も見えています。たまたま、山歩きの休憩にみえたご夫婦にも山や山野草のお話を聞かせていただき、とても楽しいひと時。

s-DSC03127
↑自転車を置いて古墳見学。古墳の説明板が見えていますが古墳は、ここから少し登ったところ。初めて来たときは、石室が開口していることも知らず説明板の周辺の石材が石室の石かと思い、うっかり見逃すところでした。

s-DSC03128
↑藤山1号墳については説明をお読みください()

s-DSC03135
↑説明板のところから少し登った反対側に見事な横穴式石室が口を開けています。

s-DSC03152
↑説明板にもあったとおり石室天井高2.7mと立派な古墳です。

s-DSC03147
↑巨大な岩に若干の岩を積んで奥壁とし天井石へとつながっています。

s-DSC03151
↑両袖式の石室ですね。

s-DSC03148
↑羨道側から右手の石組。

s-DSC03149
↑同じく羨道側から左手の石組。
初めて、ここに来た弟子は見事な石室に感動したようです。私は以前にも来たことがありましたが・・・やはり石室の立派さには改めて驚きました。

s-DSC03131
↑余談ながら・・・古墳周辺にたくさん生えていたキノコ。直径20センチ以上の物も多数。これってなんていうキノコなんでしょうか?さすがに食べられないですよね?()

※それでは、次の古墳まで走りましょう。つづく。

s-DSC_1120 (2)
↑チネリ45周年記念モデル、今回はフレーム各部を見ていきます。

s-DSC_1139_LI
↑ヘッドラグはこんな感じ。もちろん、チネリラグですよね?画像ではわかりにくいのですが上下とも小さなチネリの「C」マークが刻印されています。

s-DSC_1157 (3)
↑ボトムブラケットはチネリ。これはスポイラーと言われるタイプ。

s-DSC_1137 (2)
↑フォーククラウンはチネリのSCAと呼ばれるタイプでしょうか。肩にチネリマークが刻印されています。またラグに刻印されたチネリマークも確認できます。

s-DSC_1160 (2)
↑シートステーブリッジはチネリのC型と言うタイプだと思います。

s-DSC_1133 (2)
↑シートラグ部分。シートステーはチネリお約束?の集合ステーです。シートピンの上には通常のスーパーコルサと同様にバッジが付いていたはずですが、はがれてしまっています。

s-1593994760284 (2)
↑滝ちゃんは後日、バッジ、チネリの特殊なシートピンの予備も購入しているそうです。

s-DSC_1131
↑リヤエンドはカンパのショートロードエンドが付いています。

s-DSC_1144 (2)
↑シートチューブ上部のコロンバスステッカー。このステッカーは古いタイプなのでしょうか?パイプ銘柄はわかりません。当時のスーパーコルサのパイプはコロンバスのSLXだったと思われますからSLXあるいはSLあたりでしょうか。

※つづく

今回はチネリ45周年記念モデルです。オーナーはデローザコレクター、通称「デローザの滝ちゃん」です。

s-DSC_1120 (2)
↑滝ちゃんコレクションのチネリ45周年記念モデルです。ながらく某ショップの倉庫に眠っていたもので近年、手に入れたものだそうです。

s-DSC03115 (2)

s-DSC03113 (2)
↑↑、↑1994年6月、1994年7月の雑誌広告(これは私のコレクション)定価¥698,000、また「ヴィナッチア」、「ヴィオレット」の2色があったこともわかります。2枚の広告は色合いが異なっていますが、画像を詳細に確認すると同じ画像のようで色違いは印刷の関係のようです。
販売は(㈱)エフ イー ティーで日本国内限定50台が販売されたことがわかります。私は販売から10年ぐらいたった頃、某ショップの倉庫で完成車以外にもフレームのみで複数台確認しており完成車だけではなくフレームで販売されていたのは間違いないと思います(知人がフレームのみで買ったのも確認)

広告には「完成車をご購入頂きましたユーザーの方にはもれなくフォーミュラチノジャージをプレゼントいたします」と書かれていますが販売から20年以上経ってから購入した滝ちゃんにはジャージプレゼントはなかったようです(笑)。長年の在庫の間にジャージのみで販売されてしまったのかもしれません。

s-1593995368148
↑ヘッド部分。お約束の古いチネリ ヘッドバッジが付いているのは嬉しいのですが、その取り付けは雑で綺麗にヘッドチューブに沿っていませんし、その固定はゴツイねじで少し興ざめです。

s-DSC_1141 (2)_LI
↑トップチューブ右側前方にはシリアルナンバーがペイントされていました。右端のグレー部分にはナンバーが書かれていますが画像では消してあります。

s-DSC_1123
↑トップチューブ右側後部側には当時の経営者、アントニア コロンボ氏のサインがあります。

s-DSC_1135 (2)
↑フロントフォーク左右には1948、1993の文字があります。チネリ社の創設者、チーノ チネリはプロとして1943年まで走った後、1948年にミラノで自転車工房を創設しフレームと自転車部品の開発を手掛けたそうです。45周年というと何となく中途半端な感がありますがヨーロッパのメーカーは35周年、45周年などを記念することも多いような気がします。

※つづく

トレーニングに履いているミシュランタイヤが走行3000キロを超えました。以前からお伝えしている通りショップの売れ残り品を使っているので前後別銘柄になっています。一本はミシュラン パワー オールシーズン25、もう一本はミシュラン パワーエンデュランス25です。エンデュランスは長期在庫品だったようで使い始めてすぐに全体にひび割れが発生してしまいました。

s-DSC03071
↑ミシュラン パワー オールシーズン25。フロントでの使用1068キロ、後輪での使用1964キロ、総走行距離は3032キロになります。

s-DSC03075
↑摩耗限界を示すと思われる穴もまだくっきりとしています。

s-DSC03077 (2)
↑穴の深さを測定してみても1ミリを少し切っている程度です。

s-DSC03079 (2)
↑ミシュラン パワーエンデュランス25。フロントでの使用1964キロ、後輪での使用1068キロ、総走行距離は3032キロになります。何度も書きますが、このタイヤは長期在庫品の為、ひび割れが発生しています。

s-DSC03083
↑先の画像のようにかなり摩耗が進んでいるように見えますが使用限界を表す穴を測定すると、こちらも、まだ1ミリを少し切った程度の深さがあります。この点で判断すれば寿命はまだまだあるといえますね。

 

今回、前後をローテションしミシュラン パワー オールシーズン25を前輪にセット、ミシュラン パワーエンデュランス25を後輪にセットしました。この組み合わせで総走行距離4000キロを目指すことにします。

今回は、いよいよ最終回!部品類を見ていきましょう。

タイトルにも書いている通り「1970年頃」と思われるシルク ピスト。もともと競輪選手が使っていたフレームでした。

ということで1970年当時の競輪部品で組むのが本来でしょうが・・・

s-DSC02992
↑実は、譲り受けた際に付いていた部品はチェンホイールのみでした。組み込まれていたのはデュラエースでした。デュラエースのチェンホイール(初代 GA-100)が競輪使用部品として認可されたのは1974年でした。ということは、いきなりフレームと4年の開きが出来てしまいます。本来なら・・・1970年ですとスギノ マイティコンペが、ドンピシャでしょうか?しかし、手持ちのシルク(1976年頃)にマイティコンペは使っています。それとデュラエース ピスト チェンホイールを使っている自転車を所有していなかったので若干の年代のずれはありますがデュラエースのままで行くことにしました。

s-DSC02965
↑チェンホイールをデュラエースにしたことに合わせてハブはデュラエースです。たまたま、練習用としていたホイールがデュラエース(初代)で組まれていたので、そのまま使うことにしました。リムはマビックでしたが組み替える気力はなく、とりあえず、そのままに(笑)

s-DSC02963

s-DSC02978
↑↑、↑ハンドル、ステム回りは、こんな感じ。日東B123CrMoと日東 天返ステム(鉄)。これまた細かいネタですが日東B123(スチール)の競輪認可は1963年。日東B123CrMoの認可は1984年と大きくずれがあります。ただ、形状は同じですしスチールとクロモリはいずれもメッキ仕上げで見た目も変わりませんので手持ちの日東B123CrMoで組んでいます。
日東B123(スチール)と日東B123CrMoは別物だということ

s-DSC02987
↑日東 天返ステム(鉄)は1966年に競輪認可、ちなみにアルミ製の日東 天返ステムは1974年に認可を受けています。年式的には、どちらでも良いと思ったのですがハンドルをクロモリスチール製にしたので合わせてステムも鉄製にしました。この天返しステムについては、またいずれ記事を書きたいと思います。

s-DSC02959
↑サドルは革サドルで藤田プロフェッショナル スーパーですが・・・革サドルと言ってもツーリング用とは、まったく違います。

s-DSC02962

s-DSC02960
↑↑、↑上から見ると恐ろしく幅が狭い形状です。自分は競輪場で乗ってみたことがありますが、お尻がとんでもなく痛くなってすぐに他の物に変えました()競輪選手はこの手のサドルを「棒サドル」と呼んでいたようですが、この形なら納得です。

s-DSC02968

s-DSC02994
↑↑、↑シートピラーは藤田のヒューペルライダーです。念の為、これも調べてみると・・・1971年に認可されていますが溝付きは認可されていないようです。ちなみにメーカーで塗られていた溝の色は赤、青、緑の3色だったのですが友人が、はがしてしまい自分がもらい受けた時に赤で塗ったものです。

s-DSC02981
↑ペダルは三ヶ嶋ユニークがつけてあります。年代は1976年頃の物ですが、見てのとおり、後ろ側のプレート、キャップを削り込んで軽量化しています?()この頃のピストなら三ヶ嶋のユニークか極東のプロエースがほとんどでしょう。

※1970年頃、片倉シルク ピストおわり。

このページのトップヘ