コルサの毎日がヒルクライム

2月23日は自転車競技チーム、天狗党の後輩で競輪選手だった松井英幸君の引退セレモニーが豊橋競輪場でありました。そこで、チームの仲間と行ってきました。
松井英幸選手は1983年デビュー、2021年末まで39年間(58歳)、競輪選手として活躍しました。最近では、この年齢まで競輪選手を続けられる人は、ほとんどいません。とても長く活躍した選手なのです。
競輪ファンなら知らない人はいない?息の長い選手ですが実は競輪選手以外の自転車競技でも大活躍した選手なのです。

松井英幸選手は世界選手権(プロスプリント種目)でメダルを3個も獲得しているのです。

1986年(アメリカ コロラドスプリングス)には中野浩一選手が世界選手権10連覇をかけて決勝で戦ったのが松井英幸選手なのです。
1987年(オーストリア ウィーン)、中野浩一選手が引退した翌年も前年に続き準優勝します。
1989年(フランス リヨン)には3位に入賞します。
そして1990年にはアジア初の自転車世界選手権が日本(ピスト競技は前橋)で開催されます。
ここでは、惜しくも表彰台を逃し4位にとどまりました。

とはいえ世界選手権で3度の表彰台は大変立派な成績だと思います。
その為、自転車界の愛称は「世界のマツイ」と呼ばれるようになりました。
競輪選手から引退しましたが、今後も何らかの形で競輪競技に関わっていけたら、と考えているようです。
これからも頑張ってほしいですね。
s-20220123_112816
ファンから贈られた花束を掲げて。
やけに太って見えるのは理由がありました・・・
s-20220123_113124
ヘルメットをステージおいて。
s-20220123_113211
太ってみえた理由はこれでした。
1~9番車のユニフォーム重ね着していて順に脱いでゆくパフォーマンス。
これで競輪選手引退です・・・
s-20220123_133343
1986年世界選手権で中野浩一選手と決勝で戦い銀メダルを獲得した
ツノダのピスト。
現在、私、コルサの手元にあります。
部品はコルサが乗っていた時に使っていた物で松井選手が世界戦で
使っていてものとは違います。
(今後、出来るだけ世界戦仕様に戻す予定)

最近、日常のトレーニングに使っているクレメン ストラーダLGGタイヤ((700×25C)の走行距離が4000キロを超えました。

このタイヤ、2017年に走行開始、3カ月ほどで2000キロを走行し(あの頃は元気だったんだなぁ)一旦、休止して他のタイヤを消費していました。

そして、2021年9月走行再開(4年も経ってしまった!?)、そして今年、2022年1月10日、通算走行距離4032キロになりました。

s-DSC_4069 (2)

s-DSC_4071 (2)
↑↑、↑前輪での走行1980キロ、後輪での走行2052キロ、トータル走行距離4032キロの現在での前輪。

s-DSC_4078 (2)

s-DSC_4088 (2)
↑↑、↑前輪での走行2052キロ、後輪での走行1980キロ、トータル走行距離4032キロの現在での後輪。

このまま、4500キロを超えるまで走って、その時点で前後ローテーション。トータル走行距離5000キロ超を目指したいと思います。
s-DSC_4087 (2)
↑タイヤサイドの傷みも目立ってきたので・・・やはり5000キロ超が目安でしょうか。

 サイクリング途中に見つけた古い4輪、2輪をご紹介していく、このシリーズ?今回は、VWタイプ1(ビートル)、VWタイプ3です。

s-20211020_092656 - コピー
トレーニングルートで気になる車を発見しました。

自分のトレーニングコースは豊橋市でも田舎、さらに車が少ないマイナーなルートなのですが・・・

今回はVWタイプ1(ビートル)、VWタイプ3が二台並んで置かれているのを見つけました。


s-20211020_092705 (3)
ナンバーは画像処理で消してありますが・・・実際は二台ともナンバーが付いています。

まあ、左に見えるタイプ3はキレイに仕上げられているようでナンバーが付いていても、おかしくありませんが右に見えるタイプ1(ビートル)はナンバーは付いているものの生きているのか?どうかわかりません。

ただ、なかなかシブい改造が施されている様子。
最近姿が見えないので、もしかしたら仕上げにかかっているのかもしれません。
手放したという線も考えられなくはありませんが。

 

しかし、ここでの話はそれだけではなかったのです。

右手に見える作業小屋(小屋というには大きく立派ですが)の入り口が右手にあるのですが、ある日、前を通ってみると中に黄色がまぶしいピカピカのコルベットスティングレーが置かれていたのです。スゲ~(笑)

詳しくはないし倉庫の奥にあったのを一瞬横目で見ただけなので、よくわかりませんが6代目ぐらいのモデルにみえました。

2021年末、久しぶりに豊橋の道の駅に寄ったところ花売り場に、
こんなクルマが!

これは・・・ホンダ TN-360ではないですか?懐かしい。

調べてみるとTN-360でも最初のモデルで1967年から1969年頃
販売されていたモデルのようです。

s-20211213_151132 (2)

s-20211213_151144 (2)

s-20211213_151156 (2)
やれ具合が、いい雰囲気を出しています。
50年以上経つと考えると・・・とても状態は良いかと思います。
まして商用車ということを考えれば奇跡の状態と言っても良いかと。

1月3日は新春ミーティングに行ってきました。

昨年は父の葬儀もあり欠席、2年ぶりに合う知人も多数?

久しぶりに会う知人友人に「大病を患ってまだ治療中と聞いたけど普通に走れてるじゃん」と言われて少しうれしい。

でも、正直、登りでアタックできず?体力温存しながら大人しく走るのは悔しかったのです(笑)

とはいえ久しぶりに友人知人と走ることが出来て、とても楽しかったですね。

s-20220103_101050
↑今年の参加者は80人程度。

このイベントのお約束は・・・もともとがツーリング車の集いなので泥除けが付いていること。

s-1641297776721
↑どなたかが撮ってくださった画像が回り回って手元に。

向かって左からデローザの滝ちゃん、私。少し奥に見える彼は固定ギヤのシングルスピードで走っていました。右端は関西から参加のI氏ですね。

s-20220103_132515
↑かつて、さりげなく?トップを争って登った激坂、K蔵峠。情けないかな坂の中盤で降りて押してしまう。

s-20220104_154842
↑関西のH氏からお年玉に頂いた60年代、杉野鉄工所製 DJ―2Aチェンホイール。

嬉しくて翌日、磨いて仕上げました(笑)

s-20220103_152426
↑サイクリストにはクルマ好きも多い。

これはK氏のミニバン、決まってる!1969年式だとか。

s-20220103_144835
s-20220103_144745
↑↑、↑総メッキのエルスとシロッコの組み合わせ。どちらもカッコよすぎる。

s-20220103_150310
↑これまた、ステキ。初代パンダ4×4ととトーエイ。

トーエイは前後に大径ディスクブレーキを装備しており走りを重視したツーリング車に仕上がっている模様。

s-DSC_3852
↑今回、私が乗ったトーエイ。

ギヤ比がワイド、手元シフトで皆さんとの体力のギャップを少しでも抑えたいので今回は、走りやすい、これで参加。本当はもう少し趣味性のある自転車で参加したかったのですが・・・

このページのトップヘ