コルサの毎日がヒルクライム

9月6日は台風の影響で風は強かったものの晴れたのでサイクリングに行きました。今回のテーマ?()は豊川放水路、河口部右岸の遺跡巡り。

s-20200906_094330

s-20200906_094316
↑↑、↑最初に行ったのは放水路、河口に近い前芝町(前芝中学校敷地内)の伊奈銅鐸出土地。ちなみに前芝中学校は豊橋市立ですが敷地の北側は豊川市になるようです。学校の裏手(北側)に回ると伊奈銅鐸出土地を示す案内板が見えました。余談ですが・・・こんなところに設置された時計を生徒は見ないでしょうから見学者、周辺の農地で作業する人向けなのでしょうか?(笑)

s-20200906_093624
↑案内板をよく見ると・・・「(出土地は)この掲示板より約65m中学校の敷地に入ったところ」とあります()先にも書いた通り学校は豊橋市立ですがこの案内板は豊川市が建てたものなんですね。

s-DSC_1994 (2)

s-DSC_1995 (2)
↑↑、↑このように見事な銅鐸が見つかったのが、この場所なのです。ちなみに見つかった銅鐸は(見つかった時代が大正時代と言うこともあってか)東京国立博物館の所蔵になっています。このパンフレットは2007年、地元に里帰り展示された際の物です(幸運にも私は実物を発掘地に近い前芝町の市民館で見学することが出来た)

s-20200906_093154 (2)
↑前芝中学校の南側には前芝小学校があります。(伊奈銅鐸出土地の案内板は隣接する小中学校校舎をはさんで反対側)古そうな雰囲気のある校門だったので画像をアップしておきます。

s-20200906_095152 (2)
↑伊奈銅鐸出土地から次に向かったのは少し北側の平井稲荷山貝塚(豊川市平井町) 貝塚の上には神社が建っています。この遺跡は明治時代から研究されていて縄文時代の人骨も多く出土しています。

s-20200906_095450 (2)

s-20200906_095447
↑↑、↑現在でもハマグリを中心に多くの貝殻が散乱しています。

s-20200906_100735
↑平井稲荷山貝塚、遠景。現在は撮影している背後に豊川放水路が通っていますが縄文時代には豊川(流域の湿地)から海岸が広がっていたのでしょう。

※つづく

s-20200905_105200
↑9月5日はK隊員と自宅からポタリングに行きました。豊橋市大崎地区から柳生運河をさかのぼり牟呂地区を散策です。画像は柳生運河左岸から下流側を見たところ。

s-20200905_105120
↑牟呂町市場地区。この辺りはかつて市場港と言われる港があったといわれています。中央の森は市杵嶋神社になります。

s-20200905_092720
↑市杵嶋神社の境内には縄文時代の貝塚が広がり、その貝塚に前方後方墳(全長約60m)が造られ(3世紀)、更に、その上に社殿が建てられています。

s-20200905_093047
↑市杵嶋神社を社殿裏側から見たところ。画像ではわかりませんが古墳の一部が貝殻で白く光って見えています。

s-20200905_093323
↑市杵嶋神社の後方の住宅地の中を探すと大塚天王社があります。ここは、もともと牟呂大塚古墳と言う7世紀の前方後円墳(全長27.m)だったのだそうです。

s-20200905_093906
↑周辺より高い位置に天王社が建てられていますが、この高まりは古墳の名残なのかもしれません。この高まり以外に古墳を偲ばせるものは見られませんが、かつての発掘により太刀、馬具など優れた出土品があったようです。(出土品の一部は東京国立博物館所蔵とのこと)

s-20200905_095311

s-20200905_095916
↑↑、↑牟呂用水をさかのぼっていくと大西貝塚の痕跡が墓地周辺にみられます。大西貝塚は縄文時代後期から江戸時代の貝塚で東海地方最大の貝塚と言われています。現在、三河湾で見られないハマグリなどの貝も多数見つかります。

s-20200905_100530

s-20200905_100421
↑↑、↑更に牟呂用水をさかのぼっていくとレンガの水門跡がありました。これは愛知県内第一号の水力発電所なのだそうです。明治28年に完成し明治40年まで電力を供給していましたが当時はまだ一般家庭の電気需要はほとんどなく官公庁、歩兵第十八聯隊(現在の豊橋公園に駐屯地があった)に供給されていたそうです。

この後は牟呂用水を豊橋駅周辺までさかのぼりましたが・・・思った以上に暑い為、戻ることにしました。走行距離26キロ程度ですが、なかなか面白い歴史散歩コースでした。

トレーニングに履いているミシュランタイヤが8月31日、走行4000キロを超えました。
以前からお伝えしている通りショップの売れ残り品を使っているので前後別銘柄になっています。一本はミシュラン パワー オールシーズン25、もう一本はミシュラン パワーエンデュランス25です。エンデュランスは、特に長期在庫品だったようで使い始めてすぐに全体にひび割れが発生してしまいました。

s-DSC03286
↑ミシュラン パワーエンデュランス25。フロントでの使用1964キロ、後輪での使用2040キロ、総走行距離は4004キロになります。ひび割れは長期売れ残り品のせいで本来の品質ではないと思われ、あまり、お気になさらず?()
中央寄りのパターンがもうじき消えそうなところまで来ています。これは進行方向右側で比較的摩耗が少ない方ですが左側は、ほぼ消えているところもあります。

s-DSC03287 (2)
↑摩耗限界を示すと思われる穴はかなり浅くなってきています。

s-DSC03292
↑ミシュラン パワー オールシーズン25。フロントでの使用2040キロ、後輪での使用1964キロ、総走行距離は4004キロになります。中央寄りのパターンもかなり薄くはなっていますが、まだはっきりしています。こちらも進行方向の右側の、この画像より左側の方が摩耗が進んでいると思います。

s-DSC03302 (2)
↑ミシュラン パワー オールシーズン25の摩耗限界を示すと思われる穴は、まだくっきりとしています。

前述のようにパワー オールシーズン25、パワーエンデュランス25ともに前、後輪での使用比率(走行距離)は、ほとんど同じですが(2040キロ対1964キロ)比較してみるとパワーエンデュランス25の方が若干摩耗が早いように見えます。

ただ、最初にも書いた通り、この2本のタイヤはショップさんの長期売れ残り品をいただいたものであり摩耗速度等々は本来のタイヤの寿命を正確に表しているとは限りません。

今後はパワーエンデュランス25 を前輪に摩耗速度の遅い?オールシーズン25を後輪に履いて走行距離トータル、4500キロを目指すことにします。

8月の日曜日は、ずっと同じ行動パターンで過ごしてきた。と言うのはコロナの影響で楽しいお出かけプランも気が引けるし長距離サイクリングに行くには暑すぎるし何より未だに脚がない(泣)

s-DSC03272 (2)
↑そこで、8月の日曜日はチーム練習に参加している。脚がないのに猛者が集うチーム練習になぜ参加しているかと言うと・・・このコース、一周が3キロ程度なので千切れてもタラタラ走っていれば、また追いつかれて、それほど、さびしくはない?のだ(笑)仲間に抜かれる際に?一瞬でもペースアップを図りながら、また、そうやって何とか距離を稼いでいる()

s-20200830_111004
↑それと、ほとんどのメンバーは朝、しっかり競輪場を走ってきているので、ここでは、それほどガツガツ走らず休憩も多い()また、ここは、ちょうど良く橋の下に車を置けて日差しもさえぎられるので多少は涼しいこともある。

s-20200830_091945
↑ただ、ここでの練習会は競輪場の後なので10時頃スタート。自分は競輪場にはいかないので(今は行っても走る脚がないので)練習会の前には堤防道路を20キロほどポタリングする。

 

それにしても手術から一年を過ぎ(7月手術)自転車トレーニング再開(9月半ば再開。当初は3キロから5キロくらい走るのがやっとだったが)からも一年になろうとするのに全然、体力が回復しない・・・(泣)

s-DSC_1983 (2)
↑8月29日は豊橋市東側遺跡(豊橋市牛川町字東側)の発掘説明会に行ってきました。今回はコロナ対策として小人数ごとの説明でした。(テントの前は遺跡区内に入る順番待ちです)

s-20200829_103529 (2)
↑今回の発掘調査域全体の様子。密集しないよう3か所で説明が行われています。約110m×60mほど。右手奥に信仰の山、石巻山が見えていますね。

s-20200829_101418 (2)
↑手前の四角くくぼんでいるのが竪穴建物跡。今回の発掘調査で見つかったのは7世紀終わり~8世紀はじめ頃の竪穴建物跡4基と廃棄土坑なのだそうです。

s-DSC_1968
↑廃棄土坑(ごみ捨て穴)須恵器(すえき)などの破片が見つかったそうです。画像のように、おおよそ10人ごとに説明を聞きます。

s-DSC_1966
↑発掘域中央の土坑群。須恵器の甕や高坏などが確認されているそうで集落内の廃棄土坑(ごみ捨て穴)の可能性があるそうです。

s-20200829_102654
↑竪穴建物跡。あまり明確な柱穴が見つかっていないそうですが焼土(かまどの跡)があり建物跡で間違いないようです。

s-DSC_1974 (2)
↑発掘現場専用?のイラスト入り防護柵脚?(正式名称不明)かわいい(笑)

s-20200829_112020
↑発掘説明会の後は豊川堤防をポタリングしました。奥に見えるのは国道1号線、吉田橋(下流、左岸から見たところ)

s-20200829_112428
↑ダホン カスタム遺跡散策仕様?()後部の黒いバッグは外して背中に背負うことが出来ます。

このページのトップヘ