コルサの毎日がヒルクライム

何度も繰り返しますが、このアドニスは1983年に発売されたカンパ50周年記念部品を見てフクイサイクルさんの当時の社長が「この最高の部品をアッセンブルした最高の展示用車両を作ろう」と思ったことが始まりなのです。当然、アッセンブル部品は「カンパ50周年記念パーツフルセット」です。

s-DSC_1043
↑これまた前回もご紹介しましたがカンパ50周年記念パーツセットに含まれないもの、ステムにもカンパ50周年のマークを刻印しています。ベースはチネリレコードステムのブラックですね。

s-DSC_1100
↑ハンドルはチネリ ジロ デ イタリア。当時、カンパと組み合わせるならハンドル回りは、この辺りが定番ですね。

s-DSC_1104
↑同じく定番?サドルはチネリのボラーレSLX。定番と書きましたが・・・この時代になると、いろいろなサドルメーカーが台頭してきてチネリのサドルは少数派?になりつつあったような気もします。まあ、ハンドル回りがチネリですからそれに合わせたということでしょう。

s-DSC_1109
↑当時、カンパはまだ、フリー、チェーンを作っていませんでした。フリーはレジナのオロ、6速を組み込んでいます。

s-DSC_1074
↑フリーがレジナならチェーンも当然、レジナ オロかと思いきや・・・見慣れないチェーンが使われていました。これは同じ物の箱。メーカーはドイツのRohloff(ローロフ)最近では内装変速ハブで有名な会社ですが、私は当時、全然知りませんでした。S-L-T99とありますね。

s-DSC_1086
↑リムはマビックのG.E.L280。280はカタログ重量を表していますから当時としては最軽量クラスの実用リムでした。多く使われていたのは330gのG.E.L330の方でした。

s-DSC_1083
↑リムにはもう一枚、ステッカーが貼られています。これはフクイサイクルさんで組まれたホイールに貼られるもの。

※今回でアドニス カンパ50周年記念モデルは終了です。

例によって、しばらく間が空いてしまいましたがアドニス カンパ50周年記念モデルの3回目、部品編です。

この車両は以前にも書いた通り・・・

1983年に発売されたカンパ50周年記念部品を見てフクイサイクルさんの当時の社長が「この最高の部品をアッセンブルした最高の展示用車両を作ろう」と思ったことが始まりなのです。

s-DSC_1043
↑当然、アッセンブル部品は「カンパ50周年記念パーツセット」ですが(セットに含まれない)ステムにもカンパ50周年記念のマークを刻印してしまいました。もちろん「ADONIS」の刻印も大きく入っています。

s-DSC_1040

s-DSC_1106
↑↑、↑カンパ50周年記念パーツのRDFD、チェンホイール。RDやチェンホイールにつけられた金の贅沢なバッジが50周年の証(あかし)

s-DSC_1093

s-DSC_1095
↑↑、↑ブレーキレバー、ブレーキ本体も、もちろんカンパ50周年記念パーツ。ここにも、もちろんバッジがあります。

s-DSC_1069
↑ハブのQRにも。

s-DSC_1091
↑ペダルのキャップにも。

s-DSC_1087
↑トウクリップには記念マークの刻印。

s-DSC_1101
↑シートピラーにも記念マークの刻印。

s-DSC_1114
↑ハブ本体にも記念マークの刻印。

※次回はいよいよ、最終回(笑)

s-20200724_151731
↑もう、十日も前になってしまいましたが陣座ケ谷古墳(浜松市北区細江町)に行った帰りに細江町気賀の「お菓子の外山」さんで、お土産を買いました。

それが、これ、銅鐸最中。つぶ餡、白餡、みかんの3種類があります。

 
s-20200724_151841
↑これは三遠式でしょうか?それとも近畿式でしょうか()

銅鐸の形状には大雑把に言って三遠式と近畿式があるのです。

持ち帰る時に車内で落としてしまい割れが発生していますね()

 

s-20200724_151908
↑なぜ、ここで最中のモチーフが銅鐸かと言うと・・・
細江町からは8個ほどの銅鐸が出土しているのだそうです。

本物の銅鐸は、ほど近いこちらで見学することが出来ます。

⇒ https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/hamahaku/09annex/hakubut03.html

 

ちなみに名古屋にも銅鐸最中を販売しているお菓子屋さんがあります。
(私たちが以前、購入して食した時の記事)

⇒ http://corsa2003.livedoor.blog/archives/1014009.html



s-DSC03241
↑23日に弟子と猪鼻湖にサイクリングに行ったことを先日報告しましたが・・・我々のことですから?もちろん、古墳探索にも行きました。

今回、行ったのは奥浜名湖(浜名湖の北東側)浜松市北区細江町、都田川を北に望む台地上に築造された陣座ケ谷古墳(じんざがやこふん)です。
画像は墳丘上から細江町気賀方面を眺めたところ。この古墳は眼下に広がる都田川流域を治めた豪族の墓なのでしょう。

s-DSC03254
↑県道261号線に案内板があり細い道を登っていくと陣座ケ谷古墳がありました。わかりにくいのですが手前に小さな円墳があり奥に前方部をこちらに向けた前方後円墳があります。奥の木が生えているところが後円部の墳頂部になります。かつては東側にも円墳があったようですが現在は滅失しているようです。

s-DSC03249
↑県指定遺跡で説明板もありますが・・・古くて柱から落下してしまったようです。文字も読みにくいうえに何らかの訂正もあったようで、そろそろ新しくしてもらいたい・・・

帰ってから資料を調べてみると都田川流域では最大の古墳で全長55mほどある前方後円墳だそうです。1915年に地元住民によって発掘調査が行われ青銅鏡、鉄刀、埴輪片が見つかっているようです。それらから5世紀後葉の築造と考えられているようです。

s-DSC03250
↑説明板のすぐ裏にある円墳。墳丘の高まりも、わずかで見落としてしまうところでした。

s-DSC03240
↑後円部を南側から眺めたところ。木が生えているところには古墳とは関係のない石碑がありました。墳丘は草に覆われていますが今年の春に生えたワラビのようで他には大した草木はなく毎年、ちゃんと草刈りが行われているようでした。

昨年、閉店した名古屋のフクイサイクルさん。フクイサイクルさんは一時、自社工房を持ってオリジナルフレームを製作していたのを覚えて見える方も多いでしょう。

そのフクイサイクルさんがアドニスブランドの最高を目指して1983年に作られた完成車をご紹介します。

s-DSC_1044
↑フォーククラウン上部には「ADONIS」の文字とカンパ50周年記念部品のマークが彫られています。これは1983年に発売されたカンパ50周年記念部品を見てフクイサイクルさんの当時の社長が「この最高の部品をアッセンブルした最高の展示用車両を作ろう」と思ったことが始まりだからなのだそうです。
それにしてもカンパ50周年記念部品のマークを、そのままコピーして刻印するのは今だったら問題になったかも?(笑)

s-DSC_1117 (2)
↑ホーククラウンの内側には穴の開いた補強板。

s-DSC_1053
↑ヘッドラグ上下はメッキ仕上げ。

s-DSC_1047
↑上部のひげは細く長く削られています。

s-DSC_1116 (2)

s-DSC_1061
↑↑、↑BBラグはチネリ。ワイヤーリードはカンパで当時のオーソドックスな作りですね。チェンステーブリッジには補強が入っているのがわかります。

s-DSC_1050
↑シートラグまわり。シートステーの上部に「ADONIS」の刻印が入ります。

s-DSC_1105

s-DSC_1069
↑↑、↑エンドはカンパのショートエンドでした。

s-DSC_1059
↑ボトル台座にも補強板がロウ付けされています。

s-DSC_1049
↑シートステイブリッジはチネリのA型と思われ補強板を介してロウ付けされています。上部にはアドニスマークの刻印があります。

s-DSC_1065 (2)

s-DSC_1063
↑↑、↑縦パイプ上部に貼られたアドニスマーク、下部にはコロンバスステッカー。

さてフレームの各部を見てきました。当時の最高級素材、コロンバスパイプにカンパ エンド、チネリのフレーム小物・・・工作は80年代前半、当時の「全部乗せ」と言って良いと思います。

ただ、たしかに丁寧には作られていると思いますが細かな作り(ロウの回り具合、仕上げなど)は少々荒いところが散見されるといったところでしょうか?

※つづく

このページのトップヘ