コルサの毎日がヒルクライム

最近は外出自粛ということで休みの時は非接触型ポタリングの他は、ほとんどガレージの整理整頓をしています。
久しぶりに引っ張り出した段ボール箱には大量のマッドガード。

まずはその中からブルーメル(ブルメルの方が発音に近い??)のプラガード(マッドガード)を整理整頓、磨きを掛けました。

s-DSC_1830
↑改めて分類してみると・・・以上の4種類が出てきました。

左から・・・

  1. フェザーウエイト 幅約33ミリ
  2. クラブスペシャル 幅約40ミリ
  3. クラシック    幅約40ミリ
  4. ライトウエイト  幅約48ミリ

s-DSC_1839 (2)
フェザーウエイトは手持ちの4種類で最も細身。このタイプのみリフレクターが付いていません。

フェザーウエイトは幅が狭いのでチューブラ車にも使いやすく以前、持っていた物は、ほとんど友人、知人に頼まれて手放してしまいました。
黒いプラスチックにシルバーのラインなど最高にかっこいいのですが(今でもほしい)

s-DSC_1840 (2)
↑クラブスペシャル うちのサンジェはチューブラ仕様でオーダーしましたが、お任せした泥除けはこのタイプが付いてきました。
このタイプ(クラブスペシャル)のブリティッシュグリーン?などは希望者が多く今は残っていません。

s-DSC_1841 (2)
↑クラシック。フェザーウエイトとクラシックはバッジ付きですね。

s-DSC_1842 (2)
↑もっとも幅の広いライトウエイト。これは、幅、色とも、なかなか使いにくい・・・その為か、とあるショップさんの倉庫でホコリに埋もれていた物を何台分か、いただきました。

s-DSC_1843
↑これは先ほども少し触れたサンジェの物。クラブスペシャルのブルー。

ご紹介した通り何台分かガード自体はあるのですがステー、ねじ類が付属していないものがほとんど。使うとしたら専用ステーを探すか作らないといけません。ねじ類も探すとなると大変、何かカッコよく流用できるものはあるでしょうか?(笑)
s-DSC_1845
↑ほかにもアルミのマッドガードが多数出てきて・・・

サイクリング途中に見つけた古い4輪、2輪をご紹介していく、このシリーズ?今回はVWカルマンギヤ タイプ1系!!

s-20200518_092333
↑豊橋市内をポタリングしていると・・・VWカルマンギヤを見つけました。このクルマ、若い頃、真剣に欲しかった車の中の一台。いわゆるタイプ1系と呼ばれる車輌。
局面を多用したデザインがかわいくてカッコよかった。(でも速くはないけど)VWならパーツも手に入りやすいしチューニングメニューもいろいろあるだろうから、とかなり前向きに考えていたが・・・ついにVW系には縁がなかった(笑)
ちなみにカルマンギヤには画像のクーペだけではなくカブリオレもあるが全体的なデザインバランスはクーペの方が良いと思う。カブリオレよりクーペの方がカッコいいと思うクルマの中の1台。
しかし、タイヤの空気は抜けきっているししばらく動かしていない様子。

s-20200518_092401(0)
↑ボンネットからのサビはひどいものの全体的には悪くなさそう。とはいえVWエンブレムの右手ボディからもサビが出ているので塗装の下は結構、いっちゃっているのかもしれない。

ウィキペディアを見てみるとタイプ1系は1955年から販売を開始、1973年までと長期間にわたり生産されたらしい。1962年にはタイプ3系が発売され併売されるが1969年にはタイプ3系が先に生産中止になったのだそうです。

s-20200518_092325

s-20200518_092447
↑↑、↑手前の道路にはカバーをかぶった車がもう一台。コンパクトな外寸から、こちらも古い2ドア車のように見えます。
せめてカバーをめくってホイールだけでも見れば何かわかるかも・・・う~ん、こちらも気になる(笑)

前回までブリジストン スニーカーライトの修復&カスタムについてご報告してきました。

今回は完成形のご報告です。

s-DSC02867 (2)

s-DSC02872 (2)
↑↑、↑BSスニーカー ライト、完成しました。

もと、オーナーの話、シートピラーにあった年式刻印(2015)から考えると製造年は2016年かと思われます。

タイヤ、チューブは交換も考えましたがチューブのバルブゴムを交換してみたら特にエアもれもないので、そのまま使うことにしました。
ペダルは折り畳み式の樹脂製が付いていました。特に問題はありませんでしたが当面、折り畳みの必要はなさそうなので中古のシルバンツーリングを取り付けてあります。
入手時、まったく効かなかった?ブレーキもブレーキシューなどを交換したことにより下り坂でも不安ないレベルに仕上がりました。

s-DSC02739 (2)

↑入手時の様子。まあ、全体的に見れば特に問題も無いように見えますが・・・

s-DSC01581
↑このように放置されたことによりサビが発生していました。

s-DSC02758 (2)
↑分解して各部を点検。磨いてグリスアップして・・・

s-DSC02842
↑駆動系も綺麗になりました。

※これにてBSスニーカー ライト レストア記終了です。

今回は、いよいよフレーム(その他)に手を入れます。
と言ってもフレームそのものは特に問題はありませんでした。
フレーム塗装部分は、ごく細かいコンパウンドで磨きワックスがけして終了。

s-DSC02766 (2)
↑特に感触は問題ありませんでしたがヘッドのベアリングをグリスアップしておきました。
(画像はグリスアップ前の様子)

s-DSC02850
↑フレーム折り畳みのヒンジ部分。シャフトをグリスアップしメッキのサビを磨いてペイント仕上げ。

s-DSC02854
↑フレーム折り畳み固定部分。こちらもメッキのサビを落としてペイント仕上げ。

s-DSC02857
↑一本スタンドもメッキ部分の錆を落としてペイント仕上げ。

s-DSC02849
↑ハブナット、シャフトには樹脂のカバーがかぶっていましたが経年劣化で割れてしまいました。
ここもシャフト部分のサビを磨いてペイント仕上げで終了。

※次回は完成形のお披露目です。

今回はブレーキ、シフターに手を入れます。入手時に試乗してみましたが
信じられないほどブレーキが効きませんでした。
実用に使うには何とか改善しないといけません。

s-DSC02838
↑ブレーキゴムは、ほとんど使用痕がありませんが・・・
ゴムと言うよりはプラスチックかと思われるほど硬化していました。
これが効きの悪さの一番の原因でしょう。

s-DSC02844 (2)
↑最近のロード用(角度が微調整出来る)カートリッジ式ブレーキシューに交換。
これには、わずかながらブレーキ本体を削らなければなりません。
(余り物を流用しているので前後別グレードですが・・・)
これにシマノのロード用ゴムを装着。
効きが良くなるとされるトーイン状態にセットアップしておきました。

s-DSC02868
↑ワイヤー類も、もちろん最近のシマノ製に交換してワイヤー類の抵抗を
抑え引きの軽さを期待します。

s-DSC02861 (2)
↑ブレーキ本体はメッキ部分にサビ、アルミ部分に腐食の発生がありました。
アルミ部分の腐食はそれほどひどくはなかったのでスチールウールで
腐食を落としメッキ部分は真鍮ブラシで錆を落としシルバーペイント仕上げ
しておきました。

s-DSC02858
↑シフターはインナーワイヤーはそのまま、アウターのみ新品に交換。
シフターはばらし方がわからなかったので隙間から内部にスプレーグリスを
噴射しておきました。
外部は樹脂保護材を塗っておきました。

※次回は、いよいよフレーム回り?完成間近です。

このページのトップヘ