イメージ 1

皆さん、この車お判りになりますか?
この車は映画「007は二度死ぬ」に出演したボンドカー「トヨタ2000GTオープン」です。
シャシーナンバーのない量産試作車をベースに改造され映画に使われました。
製作台数は2台のみといわれています。

うん?、でも良く見ると、どこかが違うような???
実はこれ、マツダのスポーツカー、ユーノスロードスターがベースのようです。
こんなキットがどこかから販売されているのでしょうか、
それにしても良く出来てますね、一瞬、TOYOTA2000GTに見えますよね。
実際、特徴的なリヤフェンダーのエッジなども再現されており素晴らしい出来でした。
(今回は車の中から通りすがりに写真を撮っていますが今度、しっかり見せてもらいましょう)
発見場所は愛知県幡豆郡吉良町の国道247号線沿いです。
ここは田舎の車屋ですが(失礼)昔からアルファ、ポルシェ、ジャガーに国産旧車などが
いつも置かれており、気になっていたショップです。

2000GTレプリカを製作途中の「ドンガラ」を1年ほど前に
始めて見た時は本物の2000GTの解体車かと思い、そりゃー驚きましたよ。
(2000GTの本物のシャシーだったら買い取るつもりだった 笑)

ちなみに2台製作された本物のうち、1台はアメリカなどで展示されたあと日本に戻ってきたそうです。
豊田市内のとある倉庫に保管され、発見当時、既に、かなり傷んでいたようですが
70年代後半にレストアされ今はトヨタ自動車関係施設に保管されています。
もう1台は残念ながら映画撮影の後、ほどなく、解体処分されたといわれています。
その他、アメリカに輸出された正式生産車の中に同じようなスタイルに改造
(アメリカ国内のカスタムショップによって)された車輌もあるといわれています。