(11月30日)は、けったさんと石神峠を探しに行きました。
石神峠とは地元で新箱根と言われる峠道(鉢地坂峠トンネル)の上を越す旧道の峠で東海道元宿から蒲郡市側に抜ける道)
先週、一人で行き峠を見つけられなかったので地元のけったさんと再挑戦です。
前回は南側から行きましたが今回は北側からルートを探します。
前回の模様→http://blogs.yahoo.co.jp/corsa2003sp/8605084.html


今回はまず東海道藤川宿から東海道の少し南にある鎌倉街道を目指します。
鎌倉街道は鎌倉幕府のあった鎌倉と京都を結ぶ為、整備された道です。
鎌倉街道は旧東海道とも違う道筋でなぜか比較的山の中を通っているところが多いようです。
このあたりの旧東海道はまわりの地形から見ると比較的、低地なので鎌倉時代は湿地帯?だったので
山の中に道が整備されたのでしょうか。


イメージ 1

岡崎市山綱町、青木神社です。
向かって左側が鎌倉街道の「天神越」の西側の入口になります。


イメージ 2

青木神社の裏から、いきなりの担ぎです。今日のけったさんは22インチ、ミニベロです。
全長が短いので担ぎで樹木の間を抜けやすい?のとフラットハンドルで乗りやすく
サドル高もQRで簡単に調整出来るので山道の下りでも案外乗りやすいそうです。
ただ、ガードつきなので枯枝などには注意が必要ですね。


イメージ 3

シングルトラックに入って数百メートルで「天神越」に到着しました。


イメージ 4

「天神越」の東側はこんな感じの良い道で、東海中学の裏手に出ます。


イメージ 5

けったさんが22インチミニベロで下っていきます。


イメージ 6

次に石神峠の北側入口を探します。
けったさんの資料とカン?で旧道北側入口を発見しました。
この沢の向かって右側、竹薮の中が旧道です。
コルサはこの沢の両側の土手を探していたので今まで旧道が見つけられなかった訳です。


イメージ 7

馬頭観音を過ぎるとこんな感じの道になります。


イメージ 8

途中、わずかな石垣と斜面を削った平らなところもありました。
峠まではまだ遠いので茶屋ではなさそうですし、畑、民家でもなさそうです。
何なのでしょうか。


イメージ 9

やっとのことで三河湾スカイラインに出ました。
けったさんの立っている所、向かって右側が旧道です。
これではスカイラインを走りながら探してもわかるはずありません。
ちなみに先回コルサが迷い出たところから西へ数百メートルのところでした。
このスカイラインを横断し南側にわずかに登ったところが石神峠のようです。


イメージ 10

三河湾スカイラインを南側に越えると、いつのまにか下りに入りました。
南側の斜面を下りだすと、すぐ、こんなところに出ました。
下にある、しっかり残っている道が前回コルサがたどったところです。
しかし峠からの道は画像、右手上部から下りてくる道筋で画像では、ほとんど確認できないくらいです。
手前の道筋を左から進んできた先回のコルサに、この上部に向かう道は(崖上の)
見つけられなかったのは仕方ないでしょう。


イメージ 11

ここからは先回コルサが登ってきた道です。
ここを下っていきます。こんな倒木もあります。


イメージ 12

やっとのことで下ると「マスミ池」という人工の池があります。
この山のどこを越えてきたのでしょうか。


イメージ 13

今、越えてきた石神峠の下にある「鉢地坂峠トンネル」を越えて帰ることにします。
けったさんはミニベロで力強く峠を目指します。


イメージ 14

鉢地坂トンネルに着きました。蒲郡側から北側を見ています。
なぜかトンネルの「銘板」がはずされいるようです(両方ともなかった)
けったさんの資料によると、このトンネルは昭和8年に完成したそうで愛知県で
一番古いトンネルとの事でした。


イメージ 15

東海道に出て本宿まで戻りました。
本宿は東海道赤坂宿と藤川宿の間の村だったそうで画像の法蔵寺を中心に栄えた村だったそうです。
この法蔵寺は行基菩薩により701年に開創されたそうです(またしても行基・・・)。
法蔵寺には若かりし頃の「徳川家康」が岡崎城から通ってきて勉学に励んだとの事です。
(いまでも家康が勉学に励んだ部屋があるそうです)


イメージ 16

一番奥にある東照宮を背にして見た法蔵寺。
左手が本堂。右の金色の宝珠?が六角堂。
また、ここには、なぜか新撰組の近藤勇の首塚もある。
処刑後、京でさらされた首を同士が持出し、京の寺に埋葬を依頼したが住職がここの寺に転任が決まっており、ここまで運ばれ秘密裏に埋葬されたとの事。昭和33年調査の際、仔細が判明したらしい。

今日は短時間のサイクリングでしたが地元の、けったさんのおかげでロスなく、いろいろまわる事が出来ました。
またけったさんの案内で鎌倉街道、天神越も越えられたのは嬉しかったですね。
このあたりは旧東海道だけでなく鎌倉街道、それに交差する、いくつもの古道があります。
またけったさん+三河チーム(に限りませんが)で訪ねたいものです。