今回、ご紹介するのは昭和42年10月(1967年 なんと40年前)の

「サンツアー総合部品単価表」です。

もちろん、一般ユーザーに向けたものではなく問屋さん、小売店さん向けの物です。
この単価表から、一部のページをアップしてみました。
(単価表のサイズはA4です)
掲載されている変速機の、いくつかは過去のブログに実物の画像をアップしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/corsa2003sp/9865643.html

イメージ 1

1枚目 
表紙の青い部分の左上には小さくサンツアーのパテント、「スラントパンタ機構」のイラストがあります。
イラスト下に「SLANTING PANTOGRAPH MECHANISM」の文字が入っています。

表紙の右下には「Maeda Industries,Ltd」と入っています。
サンツアーの67年当時の正式社名は、(株)前田鉄工所でした。

イメージ 2

2枚目
グランプリRD No.2300
グランプリの名前からなんとなくレース仕様かと思ってしまいますが、
のちにトップノーマルに変更したコンペティションRDがレース向として販売されました。
(グランプリはローノーマルですが、もちろんレースに使われたかもしれません)

イメージ 3

3枚目
グランプリRDの部品価格表です。右上に「昭和42.10」の文字が見えますか?
当時のRD の価格が1800円だった事がわかります。
40年前の価格ということを考えると結構、高いような気もします。
ちなみに小売店渡価格(卸価格)は1200円です(66.7%)。
グランプリ5段セット、グランプリ10段セットが価格表に載っているのも興味深いですね。

イメージ 4

4枚目
スキッターNo.2200
ベストセラー変速機。80年代までカタログに載っていました。

イメージ 5

5枚目
ヒーローNo.2700
あまり見かけないヒーローRD、コルサは一度入手しましたが熱心な
サンツアーファンの方に譲ってしまいました。
ヒーローの名前で少し違う形の物も、この時代にありました。
また、80年代にもヒーローの名前を持つRDが短期間?販売されていました。
(BLのネーム違いだと思います)


イメージ 6

6枚目
以前、当ブログに画像をアップしたキャパシティが変更できるアジャスタブルガード。

イメージ 7

7枚目
スパートFD No.3700
マイナーチェンジを繰り返し80年代までカタログに載っていた名作?FD。
トップノーマル式です(ワイヤーを緩めた時アウター側に変速する)。
この部品単価表に載っているFDは、このスパートだけですが、
この時代、スライド式FDもあったはずです。

イメージ 8

8枚目
WL及びSL。
なぜか「レバーワイヤー」と書かれています。
裏の価格表を見ると納得、インナー、アウターワイヤーの単価が載っています。

イメージ 9

9枚目
60~70年代に結構、軽スポーツ車に採用されていたロングレバー。
このページ以外にもシングルレバーが2ページ紹介されています。

イメージ 10

10枚目
フリーの名作?パーフェクトが載っています(パーフェクトも寿命が長い)。
他に3段、4段のフリーが載っています。
良く見ると多段フリーでありながら適応チェーンが1/8(いわゆる厚歯)の物もありますね。
余談ですが古い国産チェーンのパッケージで1/8(厚歯)サイズの物に
「ディレイラーチェーン」と書かれた物もあります。このフリーに適合するわけですね。
また変速機のケージにも(1/8用)とか、あったと思います。


イメージ 11

11枚目
右の2点に注目してください。実演台A型、実演台B型とあります。
変速機の実演をして普及促進する為に作られたのでしょうね。
60年代は、まだまだ、変速機が目新しい?時代だったのでしょう。


※2008年も、まだまだサンツアーネタ、取上げていきます。
  (くどい、なんて言わないでね)