先日、入手した片倉シルク ピスト R1-R(76年頃)の 修復の様子をレポートしています。

今回は、いよいよ分解して部品、フレームをチェックしていきます。


イメージ 1

フレームは部品をはずして、磨いていきます。
フレームは拭いても取れない長年の汚れがありますから、コンパウンド(極細目)で
磨きをかけます。
(磨き過ぎないように注意して)


イメージ 2

綺麗に見えたフレームですが、部品をはずしていくと、気になるところもあります。
ここは簡易ブレーキが付いていたシートステイブリッジ部分。
長い間、バーテープが巻かれ、なおかつ、取付け板で押さえられていた為、
ノリが固着しています。


イメージ 3

まずまず綺麗に仕上がりました。
ただ、巻かれていたバーテープのノリのせいかフレームカラーが
黄ばんでしまっています(特に左側)。
細かいキズは、このあと簡単にタッチアップしていきます。


イメージ 4

リヤエンドは、こんな感じです。
まだ磨く前の画像でリムセメントなどの汚れがあります。

中古のピストですと何度も車輪を脱着しているうちに
キズだらけになっている物ですが、この個体は非常に綺麗です。
あまり車輪を付替えた跡がなく、ほとんど乗っていない感じです。


イメージ 5

フロントフォークはスチールウール(台所の流しなどを磨くヤツですね)に
油を、つけて磨きました。
スチールウールはメッキ部分に、ほとんど傷を付けずに軽いサビを
落とす事が出来ます。


イメージ 6

フォーククラウン部分。
幸い、ひどいサビの発生はありませんでした。
ちなみに、このメッキ部分にクリア塗装はしてありませんでした。
(メッキ部分にクリア塗装がされているフレームもあります)


イメージ 7

ヘッドパーツは少々サビが出ていました。
見たとおり、
それぞれ、右側半分ほどが磨く前、左側を磨いた状態です。


イメージ 8

分解前は「ゴリゴリ感」がひどかったので心配でしたが洗浄してみると
特に問題はなさそうです。
やはり「ゴリゴリ感」は固まったグリスのせいだったようです。
もちろん、そのまま再使用することになります。


イメージ 9

BB部分。
ベアリングは、交換します。
(ベアリングの話→http://blogs.yahoo.co.jp/corsa2003sp/12612197.html)
フレームなどに、ほとんど乗った形跡がないと思っていたのですがワンの内部は
意外にも結構、磨耗しています。
(シャフトの磨耗は、それほどでもなかった)
正直、これだけ磨耗するなら、かなりの走行距離だと思われます。
BBだけでも交換されているのでしょうか?何か不思議な感じです。
画像では左右ワン、ロックリングはまだ磨いてありませんが
磨くとサビも落ち、まあ、見れるようになりました。
磨耗はありますが、ワン+シャフトは、そのまま使用することにします。
クランク固定ボルトはサビがひどく、同形の物に交換することにしました。


イメージ 10

ギヤ板固定ボルトは、かなり錆びていました。
左の2本は見たとおり磨く前です。
しんちゅうのワイヤーブラシにCRC-556を付けて磨くと
右の3本のように、まあまあ綺麗?になりました。
とりあえず、このまま使用します。


イメージ 11

クランク、ギヤ板の状態は問題ありませんでした。
ただ、ギヤ板固定ボルトが一本固着して抜けません。
なめると、いやなので、あわてず慎重に作業します。
シマノやスギノの回り止めスパナは、滑りやすいのでコルサは画像のように、
縦方向?で、しっかり押さえつけられるドライバータイプの物を使用します。
(手前に見えるオレンジ色の柄)
これにはストロングライトの刻印があります。


イメージ 12

ギヤ板固定ボルトのまわり止め工具。
上から、シマノ、スギノ、ストロングライト。


イメージ 13

汚い画像ですみません。洗い油で洗浄中です(笑)
チェーンはHKK(報国)が付いていました。
もちろん、画像の手前側の黒い物です。ちなみに銀色の物は超軽量のレジナSLチェーンです。
HKKのチェーンはホコリを落とすと、結構錆びていました。
まだ、そのまま漬けてありますが再使用するかどうかは検討中です。
幸い、HKKの旧ピストチェーンの中古は手持ちがありますから。


イメージ 14

固定ギヤです。
右側、銀色のギヤは三光舎でした(50年?近い古い物です)。
これは、もちろん後付で純正ではありませんね。
歯数も13Tと小さく使えませんので、コレクション?入りでしょうか。

左側のギヤは「8.8.8」「MAEDA INDUSTRIES」の文字がありましたが、
「SUN TOUR」の文字はありませんでした。
(「MAEDA INDUSTRIES」 = マエダ工業 = サンツアー)
ロックリングは「DURA ACE」の物でした。
もともと、メーカーが違う物を組み合わせるとは思えませんので、どちらかが
換えられているのでしょう。
両方とも「BIA」(旧、競輪規格)の刻印がありますから同時代の物ではあります。

なんとなくサンツアーが純正だったような気がしますのでロックリングを
サンツアーの手持ちに交換してサンツアーのギヤを使うことにします。



次回は、また他の部品をチェックしていきます。