先日、購入した「部品取りホイール」についていたフリーを抜こうと見てみると

「ぎゃーフリー、なめてる!!」 「とほほ・・・」

実は、このフリー、○フオクで売って中古ホイール購入の費用を少しでも
圧縮しようと考えていたのです(笑)

このままではフリーを売るどころか本来の目的であったハブ単体に
分解することすら出来ません(ハブがほしかった)。

「どうする、どうする」

(ちなみに、レジナの2本ツメフリー本体は材質が悪いのか、なめたと言う話をよく聞きますね)



イメージ 1

画像のようにフリーボディに重ねるようにギヤが取り付けられ、
このままではボディ本体に工具も、うまく届きません。
(5段と共通ボディなのでしょうか?)

さて、いつまでも泣いていても?仕方ありませんので対策を考えます。
もちろん、完全に工具の掛かる溝部分をなめてしまっていますので、
何らかの手を打たないとフリーは、はずせません。

イメージ 2

まず、フリーのスプロケットをはずしていきます。
3枚ほど、はずしたところで何とか作業が出来そうです(6段フリー)。
次にハブシャフトも分解して抜き取ります。


イメージ 3

画像で、お判りになるでしょうか?
工具のツメがかかる2ヶ所の溝をなめてしまっています。
この状態から、なめた溝をヤスリで広げながら整えていくことにします。


イメージ 4

何とか、ここまで仕上げました。
フリーボディのフタ部分が一部、白く見えるのは溝を整形する際、
ヤスリで、こすってしまい白くなっているところです。


イメージ 5

ハブシャフトを組込み、抜き工具をいれ、なめにくいようにQRで押さえておきます。
ちなみに抜き工具は手持ちをいろいろ検討した結果サンツアーの
ウイナー用2本ツメタイプを使います。
この抜き工具が一番、なめにくそうに思いました。

中空シャフトはスペーサーを抜きフリー側に長めに出してフリー抜き工具のセンターの
穴に掛かるようにして工具の中心がフリーボディの中心からずれにくくセットしておきます。

普通は、ここで大型モンキーの出番でしょうがコルサは、今回、違う方法を取ります。


イメージ 6

このようにフリー抜き工具を万力で挟み固定します。


イメージ 7

この状態でタイヤを持って力を掛けます。
こうすると普通のモンキーより「力点」が遠くなり力が掛かりやすくなります。
また、両手で同時に力をかけることによりモンキーで片寄った力を掛ける方法より
工具のセンターがずれて、なめることを防ぐ事が出来るのではと考えています。


幸い、フリーボディの溝も変形(なめる)する事もなくフリーをはずす事が出来ました。

「ヤレヤレ、良かった良かった」

「でも、このフリー、誰か買ってくれるでしょうか」 (笑)