イメージ 1



今日も朝バンクに行ってきました。

昨日のロード練習で消耗しきってしまい体調が心配なので、ゆっくり慎重に体をほぐしていきます。

みんなのアップがすむと自然に周回練習が始まります。
今日はKレーシングさんのリーダーが、お休みのようでKレーシングさんも我々の練習に合流します。
練習相手が多いほうが練習にはなりますが、お互いの走り方
(蛇行などの走行のくせ、先頭交替のタイミング、ライン)等がわかりにくいので、
より注意が必要になります。


周回練習の周回数は自分が勝手に今日は少なめの20周回に決めてはじめます。
これは何も楽をしようというわけではありません。
先にも述べたとおり、お互いメンバーの「くせ」がわかっていないので距離が長いと
途中で集中力が切れて落車などの事故の原因になるためです。


今日のバンクはバックストレートが向かい風、ホームが追い風になります。
最後の仕掛けどころ、作戦も、よーく、考えなくてはいけません(笑)
常識的にはバック向かい風なので2コーナーからバックストレートエンドまでの
向かい風区間では仕掛けにくいことになります。
風が追い風に変わりつつある3コーナー入口あたりから4コーナー後半が仕掛けどころですね。


さて周回練習も後半になってきました。
ここまででスピードのない選手は、徐々に脱落していきます。

残り2周になった時点で先頭は、A部さん、2,3番手は他のチームの選手、4番手が自分です。
自分の前の3番手の選手は、知合いでは有りませんが今日のメンバーで一番力が
ありそうなことはわかっていました。
自分としては、とりあえず3番手の選手の動きに合わせていく作戦です。
(もちろん、他の選手の動きで変更もありえます)

また、自分の後方、5番手以降の選手の動きにも注意しなければなりません。
しかし残り2周後半から先頭のA部さんが45キロ超のスピードでガンガン行ってくれたので
幸い、自分の後方の選手はもう上がってこれないようです。
(当然、先頭より、もっと速くなければ後方から並びかける事は出来ない為)

ラスト1周、1、2コーナー、バック前半では、まだ誰も仕掛けません。
(向かい風でなければ動く可能性もあったはず)

バックストレート後半で2番手が先頭のA部さんをかわして前に出ます。
それに合わせるように3番手が更に外からまくっていきます。
自分は予定通り3番手に合わせて加速していきます。

3コーナー後半で向かい風で疲れたA部さんと2番手をかわします。
そして4コーナーからゴールまでスプリントします・・・・が、結局、前の選手をかわせず、
今日は2位に終わりました。
(スプリント力のない自分としては、これでも上出来)

さて、それでは今日の最高速は?・・・・今期、自己最高の53.4キロでした。
(本格的スプリンターの皆さん、レベルの低い話と言う事は本人も重々承知しておりますので 笑)

今季、まだ52キロも越えていませんでしたが今日一気に53.4キロまで伸びた
理由は何だったのでしょうか。

実は、今日はギヤ比を49-15T(3.267)に上げていました。
そのギヤ比をいかす事の出来た展開、
①後半早い選手と競り合いになったこと、
②イン側選手を追い越す為にアウトから回ったのでバンクの傾斜を利用して最後の加速が出来たこと、
③最後、追い風方向だったこと
が主な理由でしょうか。

速度から回転数を、おおざっぱに計算してみると

133回転×3.267(ギヤ比)×2,057m(タイヤ周長)×60(分)=53,627㌔/h

といったところでしょうか。

このギヤ比でホームが追い風でなかったら最高速はどうだったでしょうか?
(133回転まで回せたか?)
また、今日のギヤ比を、更にあげていけば最高速はもっと伸びるでしょうか?

また、トレーニングしながら、いろいろ試してみようっと(笑)