今回は珍品を、ご紹介します。

その名もシマノ 「10スピードキット」 です(笑)



イメージ 1

もちろん、これはリヤ10速にするものではなくて リヤ5速の自転車の
フロントシングルギヤにインナーギヤをつけて
フロント2枚リヤ5枚で合計10速、10スピードにしようというキットです。

これは、今回、「ネットオークションに代理出品してくれ」とコルサのところに
持込まれた物ですが、資料としても面白いので皆さんに、
ご紹介させていただくことにしました。


時代的にはジュニアスポーツ車がまだ、リヤ5速時代だった70年代中頃の物でしょう。

実はコルサも76~年頃、後輩の自転車を、このような部品を使って何台か改造した事があります。

カトーサイクルさんなどの広告にも(あのイラストの)このようなキットが
当時、載っていたと記憶しています。

ちなみに今回のキットは台紙の下のほうに「¥4500」の文字が見えます。



イメージ 2

さて、どのような内容かを確認してみましょう。
パーツリストが印刷されていますね。

これを見るとFD、WL、インナーギヤといった物から
ワイヤー類、ケーブルガイド、インナーキャップに至るまでしっかり
セットされている事がわかります。



イメージ 3

部品類の画像をアップで見てみましょう。
FDはシマノのサンダーバードⅡですね。
これはオールスチール製の普及品、FDです。
WLもごく普通の物ですがレバー自体はアルミ製です。
これはパーツリストにも、ちゃんと「Wアルミレバー」と書かれています。



イメージ 4

セットされているインナー用ギヤを見ていて面白いことに気がつきました。

歯数刻印の横のマークにご注目。
この三本の矢のマークは、「タカギ」のマークではありませんか。
良くシマノとタカギは協力関係?に合ったと聞きますが、これを見ると、
その話は間違いないようですね。
シマノの部品セットにタカギのマークの入ったギヤ板がセットされているのですから。
ちなみにギヤはスチール製でした。



さて、このセットを、一生懸命、お小遣いをためて手に入れた自転車少年達ですが、
うまく改造できたのでしょうか?

まずは、ベースとなる自転車のチェンホイールにインナーを固定する3本のネジ穴が
なくてはなりません。
当時のジュニアスポーツは、たいていインナーギヤ用と思われる位置にちゃんと
穴があいていて場合によっては、そこに飾りのアルミプレートなどが止められていました。
(メーカー名などの入ったプレート)


ショップの親父さんに頼んで借りたコッタレス抜きでチェンホイールを外した少年達は、
飾りプレートを外しインナーギヤをセットします。
そして、憧れの?インナーギヤの付いたチェンホイールを誇らしげに自転車に取り付けるのです。


そして友人達の手助けでWL(当時のジュニアスポーツはSLがトップチューブについていたりした)、
FDなどを苦労して取り付け、いよいよ、チェンホイールを回してみるのですが・・・・

あれれ、チェンホイールがなぜか、うまく回りません。
あわてて、各部を点検してみるとインナーギヤがフレームのチェンステイに当っているのです・・・

呆然とする少年達にショップの親父さんが冷たく言い放ちます。

「やっぱり駄目か、シャフトも替えんとインナーがこするな」


そうです、少年達のジュニアスポーツ車は、もともと、フロントシングルですから
BBシャフトも当然、シングル用です。

①「運が良い子」の自転車にはシャフトの中でも、ややCL(チェーンライン)が
  長いシャフトが入っていて当りません。

②「少し運の良い子」はシャフトは完全なシングル用ですがフレームの「つぶし」が
  大きいせいか、ギリギリですがギヤをクリアしています。

③「そして運の悪い子」は・・・インナーギヤが完全にフレームに当っています。


ショップの親父さんは「シャフトを長い物に変えると部品代と工賃で○○円はかかる」と言います。

もちろん、運の悪い子は、このキットを手に入れるのが精一杯で、そんな、
お小遣いは残っているわけもありません。


それでは、運の悪い子はどうしたかというと・・・
(彼はともかく、彼の仲間は思い切りの、いい少年達だった)

「当ってるなら当らないように、すればいいんじゃねえの」
「削ってみるか」
「削るとパイプが薄くなるし、穴があくかも」
「なるほど、それもそうや、じゃどうする」
「叩いてフレームへこませればいいじゃん」
「そうだ、そうだ」 
「そうしようぜ」
「おじさ~ん、かなづち借りるね」


ショップの親父さんが唖然とし、
自転車の持ち主の少年が不安そうに見守る中・・・・、

仲間達はハンマーでガンガン、フレームを叩き、とにかくインナーギヤを当らないように
フレームを加工したのでした(笑)

1970年代中頃、日本のどこかで、あった実話です(笑)
懐かしいなぁ(爆)