14日に大阪 服部緑地でシクロジャンブル(自転車関係のフリマ)が行われると知人から
連絡をいただきました。
シクロジャンブルは他のイベントと重なってしまったりして、もう長いこと顔を出していません。
久しぶりに行って見たいのですがシクロジャンブルだけではもったいない?と思い、
今回は13日から出かけて15日まで関西に滞在することにしました。


13日は奈良県 飛鳥周辺をサイクリング
14日、早朝に大阪入りしてシクロジャンブルで友人知人に会う
    もし、気に入った物があったら購入?
    午後には、また奈良に戻って夕方、サイクリング。
15日は昼過ぎまで奈良をサイクリング

以上のような予定です。
ただし、お金がないので

①往復は車を使うが有料道路は一切使わない(笑)
②道中は燃費走行に徹する(笑)
③宿泊は車の中・・・(さすがに明日香村内でキャンプは無理でしょう)

①と③は昔、信州峠巡りをしていた時代もそうだったので特に問題ありませんが
②は、ちょっと辛い(笑)

中部近畿地方にお住まいの方は、良くご存知だと思いますが・・・・
途中の国道25号線は高速道路とほとんど変わらぬ作りですが制限時速は基本的には60キロです。
しかし60キロで走っている車など皆無?と言っても差し支え有りません?

制限速度の何割か増しで、軽からトラックまで、みんな、びゅんびゅん吹っ飛んでいきます。
その環境のうえ、結構、アップダウンもありますから、もともと大人しい運転?の
コルサですが燃費走行は、かなり辛いものがあるのです(笑)


飛鳥でのサイクリングは後日、ご報告するとして、まずは14日のシクロジャンブルの、ご報告です。



イメージ 1

まだ、朝9時ですが、お店が開き始め熱心なマニアが探し物をしています。

手前は言葉巧みにガラクタ同然の部品を売りさばく・・・いえ、もとい、貴重な部品を販売するF氏。



イメージ 2

新しい出展者が到着するたびにマニア?が殺到します(笑)



コルサは「今回、友人、知人に会うのが目的で特に探している物はないから」と
思っていましたが目の前にすると欲しい物が、いっぱい(笑)

結局、あちこちの出展者から、あれやこれや買ってしまい・・・
とは言っても、まあ、ほんの9点ほどですけどね(笑)

それでも値下がりするのを期待しすぎて買い逃した物も(笑)
(売れ残り処分価格を期待して)



イメージ 3

こんな物も譲っていただきました。
サンツアー シュパーブの最初期型FDです。

これはプレートがアルミ製で軽量ではありますが純レーシング部品としてはレスポンス、確実性、
耐久性等が劣っていたらしく、すぐにモデルチェンジしてしまった物。

コルサは数年前、同じ物を入手したのですが新品の為、使う勇気がなく(笑)
でも、一度は使ってみたいと程度の良い中古を探していたのです。

今回、F氏の知人より程度の良い物を譲っていただき大満足。
中古とは言え磨耗も少ないので、まだまだ使えそうです。
オーナーはパスハンを少しでも軽量化しようと考えて使っていたそうです。
ただ、「ローへのチェンジは悪いですよ」との事でしたが(笑)



シクロジャンブルと言えば来訪者の自転車も面白い物がいっぱい。
日、仏、伊ほかの名車はもちろん、珍車もあります(笑)
(K上さんの自転車は後日、ご紹介予定)



イメージ 4

今回、結構面白かった一台。
メーカー不明のピストをカスタムしたもの。
この細見で素敵なクランクはスギノ ダイナフォローでしたっけ?



イメージ 5

リヤはブレーキを取付けるよう加工されていますがフロントは吉川のバンド式カンチブレーキを
付けています(70年代に販売されていた物)。
クリアランスの小さいピストのフォークだとクラウンに穴を開けただけでは、うまくブレーキが
付かないこともあります。
でもこのブレーキなら何とかなります(似合うかどうかは別問題?)



イメージ 6

水道蛇口コック式ウイングナット・・・ラグ付「Compe」ステムがカッコいい。

これはハンドルステムの着脱が便利そう。
オーナーいわく「今、この形の蛇口コックは、ないねん」「廃屋とか探さんと」



今回は車内で寝なければならないし自転車も積んで荷物が詰めないので出店はあきらめましたが、
せっかくのイベントを盛上げる為にも(お客さんとのやり取りも面白いし)
次回は久しぶりに出店しようかなぁ。