8日は第4回古典ロード走行会を行いました。

集合、コースはいつもと同じで「昭和の森」集合、コースは矢作川沿いを
往復するコースです。

今回は、いつもの、うなぎやさんが忙しく入れなかったこともあり(お店が空くまで時間つぶしの為)
二度と古典ロード走行会では走らないのではないか、と思われていた
矢作ダムへの往復(古典ロードのギヤでは少しキツイ登りがある)が復活しました(笑)



イメージ 1

受付風景(画像 やま23さん撮影)
みなさん、集合時間より、ずいぶん早めに集まっていただいて・・・
(コルサも主催として一時間ほど前に着くようにしたのですが既に到着の方が何人も)

すでに画像の左の方では「狭~く、深~いマニア話」が炸裂しているようで(笑)
車に腰掛けて受付整理をするコルサも、そちらに気を取られています・・・



イメージ 2

参加者は14名。
当然ながら、おじさん、ばっかりですわ(笑)

今回は、なんと埼玉県(t-bikesさん)、長野県(sannow4713さん)、大阪(すーさん)など
遠方からも、ご参加いただきました。
(遠路はるばる、お疲れ様でした)

私、コルサ(向かって右隅)は初お披露目?のコルナゴに合わせて
コルナゴつながりと言う事で「デルトンゴ コルナゴ」ジャージ
(パールイズミ製ですけど)着用。



イメージ 3

皆さんが早めに集まってくださったおかげで、のんびり自己紹介をしてから
予定通り10時頃スタート。(画像 やま23さん撮影)



イメージ 4

矢作川には右岸左岸ともに道がありますが我々は交通量の少ない狭い道を選んで走ります。
(画像 やま23さん撮影)



イメージ 5

いつもの、うなぎ屋さんについたところ、混んでいましたので
希望者は時間つぶしに、更に走りに行くことにしました。

場所は第一回で走り、今後コースには取り入れないのではないかと思われた矢作ダム(笑)

こちらの画像は「ダム推進派のみなさん」?いやいや、ダムまで登った好き者メンバー8人
(コルサは撮影の為、画像から抜けてますよ~)
ダム反対派(ダムに登るのは反対の方ですよ)の人達には申し訳ありませんが
うなぎやさん近くの川原などで時間を潰していただきました(ごめんなさいね)



イメージ 6

いよいよお待ちかねの「うな丼」です。
お頭、肝付が珍しいですね(愛知県三河地方でも珍しい)
画像には有りませんが他にお吸い物、お漬物が付きます。


それでは、そろそろ参加者の愛車の紹介を(2回にわたって)
画像があまり綺麗でなくてすみません。



イメージ 7

埼玉県から参加していただいたt-bikesさんの78年シクロウネ。
以前、ニューサイクリング誌の表紙も飾っています。
新車から、ずっと乗られているそうです。
綺麗に乗られていますね~。
駆動系をデュラEXでまとめられています。



イメージ 8

Oさんの75年ビゴーレ。
ビゴーレらしい、かっちりしたフレームですが変速機、チェンリングなどを
フランス部品で構成している為、優雅な感じも出ていますね。



イメージ 9

Sさんの84年ガンウェル
昔乗られていた物を今回の為に磨きに磨いたものだとのこと。
カンパの中級コンポでまとめています。
(レコードなどのフルセットより今となっては珍しい?)


イメージ 10

タキちゃんの80年アドニス。
アドニスは名古屋にあるサイクルショップ フクイさんのオリジナルモデル。
フクイさんは一時、自らの工房を持っていたこともあります。
タキちゃんは、この自転車に合わせて当時のフクイサイクルレーシングチームの
ジャージを着用(集合写真参照)

アッセンブルはデュラEXでDDペダル、クランクが特に懐かしい。
(タキちゃんは歴代のデュラ コレクター?AXはのぞく)



イメージ 11

田爺さんの78年エベレスト エスプリ
やっぱりエベレストはいいですねぇ~。

以前、拝見した時はアップハンドル?などの街乗り車になっていたようですが。
画像では見にくいのですがタイヤセーバー(パンク防止の小道具)が付けられています。



イメージ 12

Tdot(toru)さんの 2009年トーエイ クラシックロード風
もちろん、古典ロードの範疇には入らない新しいフレームですから特別参加です。
(古典ロードとして厳しい規則は設けていますが、それ以外の自転車も一緒に
 走っていただくのは今のところ、認めています)

海外の部品をアッセンブルした素晴らしい自転車を何台かお持ちですが、
この自転車はサドルなどをのぞいて国産部品に拘ってまとめられているようです。


まだまだ素晴らしい自転車がたくさん参加していただいていますが続きは次回に(笑)