新年、早々、発注しておいたフレームが、やっと届きました。(5月27日)

もっと速く届く予定だったのが延び延びになって、やっと国内入荷したようです。


イメージ 1

届いたのはルイガノ「LGS-MV C」フレーム!

「えっ、なんかバランスのおかしいフレームだって?」
そうなんです、これミニベロ(小径車)なんです。(また買っちゃった!笑)
ホイールサイズは20インチWO(いわゆる451サイズ)

「MV C」には完成車もありますが、私は以前乗っていた同じルイガノの「LGS-MV 3S」の
部品を載せかえるのでフレーム買いにしました。


イメージ 2

2010年から?ルイガノが展開している「リアルスポーツシリーズ」の
マークですね。

今までは「ルイ ガノ」と発音してきましたが、これは何と発音すればいいんでしょう?

「LOUIS GARNEAU・ルイガノ」から「LOUIS・ルイ」のロゴがなくなり
「GARNEAU」だけになったのですから「ガノ」?なんでしょうか?
なんか変、発音しにくいです~(笑)


イメージ 3

モデル名は「LG-S MV C」ですが、ここには「MV C」の文字だけ。
「LG-S」の文字は今回のモデル以外にも小径車に使われていますから
「ルイガノ スモールホイール」の略なのかもしれません。
では「MV C」は・・・ミニ ベロ カーボン?


イメージ 4

MV Cの特徴はカーボンパイプ+アルミラグで構成されたフレームであること。
もちろん、超軽量に仕上げられているはずです。
重量については実際に計測して、また記事に書くことにします。

それ以外にもシート角が立ってレーサーらしいポジションがとれる稀有なフレームであること。
(多くのミニベロがシート角が68~70度前後で作られています)

また、フロントフォークをはじめカーボンで作られていることなどから
振動減衰特性、乗り心地が少しは良くなっている事も期待されます。


イメージ 5

付属品
上段の4個はヘッドパーツ。
2段目の左、アウディのマークのようになっているのはアヘッド用スペーサー。
スペーサーは残念ながらカーボン製ではなくアルミ製。

中断、右はアヘッドステム用プラグ。

下段はFD取付用アタッチメント。
なぜか2種類、入っています。
FDの種類とかあるのでしょうか?詳細は確認中。
下段、一番右の部品は?FDの取付位置調整用ステー?



さて、最新鋭カーボンパイプフレームが届いたからには7月4日のレースでは
成績が悪くても「フレームのせいにして」言い訳できません!
今からでも、しっかり、練習しなければ!(笑)