当ガレージでは自分で乗る分だけでなく友人、知人の自転車のカスタム、修理、組替、
果ては近所の人のママチャリの修理までと(笑)多くの廃タイヤが発生します。

チューブラやケブラービートのロードタイヤなどは、その都度、処理してきましたが・・・・

ご存知のとおり普通のタイヤには丈夫なビートワイヤーが入っており、
それは簡単には切断したりすることは出来ません。
それで、ついつい、そのままガレージ脇に積み重ねたままとなり増え続けてしまいました(笑)


結局、年末の大掃除の時期には時間切れで何も出来ませんでしたが年も明け
しばらくたって落ち着いた?ところで、やっと重い腰をあげることにしました。

まずは切断して処分しやすいように廃タイヤの容積?を減らしたいのですが、
先にも書いたとおり簡単には切断できません。

そこで友人(フレームビルダー&一般修理もするショップさん)から
道具を借りてくることにしました。

イメージ 1

借りてきた道具がこれ。
大型のワイヤーカッター?を友人がベニヤ台に固定したタイヤ切断専用機1号(笑)

イメージ 2

この道具で丈夫なビートワイヤーはもちろん、ゴム部分も一緒に切断!!
太いMTBタイヤも工夫して挟み込めば一発切断出来ます!!!

イメージ 3

作業の結果が、この様子。
電動アシスト車の頑丈なタイヤから太い荷物運搬用の一輪車のタイヤも切断完了。
(以前、何台も電動アシスト車を改造した事もあるのです)
それにしても、どれだけ貯め込んでいたのか?自分でもあきれてしまう(笑)

これで、ガレージの回りも少しはすっきりした?

余談ですが、雨が、ほとんど降らず乾燥した時期に作業したのは正解でした。
廃タイヤは雨ざらしですから普段なら中に水(くさくて汚い)が
貯まっていたりするものですが、今回は、まったく水が貯まっておらず綺麗?に
作業する事が出来ました。
廃タイヤ処理作業をお考えの方は今がチャンスです(爆)