デローザ チタニオの紹介記事の中でタキちゃんがカンパパーツのチューニングに関して
カンパ パーツリストを苦労して入手、
それを研究して(見て)純正パーツの互換性などを判断しチューニングをしていると、
ばらしちゃいました(笑)

今回はタキちゃんがパーツリストを見て部品を取寄せて作ってしまった
「タキちゃんのオリジナルカンパ?」の紹介です。

イメージ 1

これがカンパの大ファン、タキちゃんのバイブル?「カンパのパーツリスト」です。


イメージ 2

そして少々わかりにくいのですがパーツを取寄せ組み合わせて作った
「タキちゃんのオリジナルカンパ?」です。

見たところ・・・「カンパのブレーキレバー」ですが・・・
グレード名も見えません??

それでは、少しカンパのブレーキレバーについて、ご説明しましょう。
近年?エルゴパワーがブレーキレバーに組み込まれるようになってエルゴの
組み込まれていない純粋のロード用ブレーキレバーはタイムトライアル、トライアスロン車などに
使われる物だけになってしまいました。

また、そのブレーキレバーが用意されているのは最高級グレードの
「レコードクラス」だけになっています。
レコードクラスとなると素材も最高級で例えば2001年頃になると
ブラケット(フーデッド)もレバー部もカーボン製です。


ところが・・・アルミのブレーキ本体に合わせてレバーがアルミ製のブレーキレバーが
欲しいとタキちゃんは考えたようです。

そこで、まずは2001年のレコードのブラケット(フーデッド)を
部品で取寄せ購入(取付けバンドなど小物付き)。

そして次はアルミ製のブレーキレバーを用意しなければなりません。
タキちゃんが選んだのが2004年の「ケンタウル」のレバー。
それも「ケンタウル」の中の「センチュリー」グレード。

センチュリーの特徴は
①アルミ製ながら黒っぽい仕上げがなされていること。
もう一つは
②レバーにグレード名などが入っていないこと。
この二つがタキちゃんのこだわりのポイントです。

そして、完成したのが、このブレーキレバー。(上の画像)

2001年のブラケット(フーデッド)に2004年の「ケンタウル」の中でも
「センチュリー」グレードのアルミレバーを組み合わせる。
アルミ製ながら黒っぽい着色レバーのうえグレード名がありません。

カンパに特に興味のない人なら「こんな部品もあるんだ」で終わってしまいますが
カンパファンなら、かえって「???」のブレーキレバーですね!!!