またまたハブに続き、ugbrotherさんがアライの画像を送ってくださいました。

今回は送っていただいた画像を見ていきたいと思います。

イメージ 1

イメージ 2

未開封のこのペダル、一昔前の「婦人乗り自転車」などに、
よく付いていたタイプのペダルのようですが
「リフレクターがない」タイプなのだそうです。
リフレクターがまったくない実用車のペダルは、かなり古いものと思われます。


これは以前、私も知人の依頼で探した経験があるので、よくわかるのですが・・・
リフレクターのない、この手のペダルは、わりと数が少ないようで、なかなか見つかりません。
ネットオークションで探してみても意外に見つからず、たまに出てくると、
日本のどこかで、わざわざ同じような物をに探している人がいるようで競争になったものです(笑)

イメージ 3

キャップ部分の構造に懐かしさを感じる人もいるのではないでしょうか?
キャップの頭には六角形のプレスがありますが実際は脱着にはまったく関係のない
デザイン上だけのものでしょう。
キャップ部分は前後に大きく伸びていてゴムを固定するボルトに共締めする構造に
なっているのだと思います。

イメージ 4

袋の印刷には、ちゃんと「いす」のマークが入っていますね。


※ugbrotherさん、画像ありがとうございました。
※当ブログではアライの自転車部品関連の情報をお待ちしています。