震災で苦労されている方々のことを思うと心苦しいのですが・・・
10日は古典ロード走行会で春の一日を楽しみました。

ご参加いただいた皆様、お疲れま様、また、ありがとうございました。

今回は当初、kokoさんが開催予定のポタコースを私が古典ロード用にモディファイ?したもの。
その為、「走りたい」ロードファンには少々物足りないものだったかもしれません。
(その分、内容は濃かった?)
また、私が道案内をしなければならなかったのと、どうしても市街地走行が多くなり
走行中の、お話がじっくり出来なかったのが残念です。
(特に初参加の方々ともっとお話したかったのですが)


イメージ 1

今回の参加者のみなさん。
走行11名、伴走1名(kokoさん)そして画像には写っていないのですが、
もう、おひとり・・・N氏(総勢13名)

今回の古典ロード走行会、いきなり「かまして」くださったのが
何の予告?もなく(そのうえ初対面)登場の「N氏」!!!


イメージ 2

上の画像は参加者の自転車をまとめたものではなくN氏一人の物!!!
これが(今回の)すべてではなく10台弱(8台でしたっけ)を、ご持参!!!
(所有車輌は20台超とのこと)
大のデュラエースファンだと仰るN氏、手前のコルナゴなどカンパニョーロアッセンブル車は
デュラエースのライバルとして参考の為に、お持ちだとか???

イメージ 3

N氏のお持ちいただいた素晴らしい車輌の中でもコルサの興味をもっとも引いたのが、このエバレスト。
かなり古そうなフレームも凄いのですが、そのアッセンブル。

イメージ 4

デュラ(初期はジュラ)販売初期にごく短期間だけ販売されたデュラのセンタープルブレーキを装備。
そのうえデュラのブレーキレバーにはセイフティレバーまで装着。
(もちろんセイフティレバーもデュラ純正)
実車に組み込まれている、この部品は初めて拝見しました。

操作させていただくと・・・さすがデュラ用のセイフティレバー、同種のダイアコンペなどの
物より剛性感が高く感じました(笑)

その他のメインパーツも初期デュラなのですが少々変わっていることを、お聞きすると・・・
ブレーキ以外の部品も他の車輌(初期デュラ装備の車輌が他にあり)と、
かぶらないように(初期デュラ同士で)チェンガード付のチェンホイールを装備したり
クレーンGSを選んでいるのだそうです。


「今日は、この中の、どの車輌で走られるのですか?」とお聞きすると・・・
「今日は用事があるので展示だけで帰ります」とのこと!!!
Nさん、あなたのインパクトは強烈すぎました!!!
ぜひ今度、また、ゆっくりお話を伺いたいものです。
今回は本当に、ありがとうございました。

さて走行前にNさんの素晴らしい車輌展示に驚かされたあとサイクリング出発です。


最初の目的地は・・・なんと古墳!
今回の走行会の裏テーマは「古典ロード」に合わせて??「歴史めぐり」なのです(笑)

イメージ 5

豊橋市石巻町の「馬越長火塚古墳」(まごしながひづかこふん)です。
6世紀後半頃作られたと言われる前方後円墳です。
右の高まりが後円部、前方部は、ほぼ画像左端まで伸びている全長60mの豊橋最大の古墳です。
(70m説もあり)

イメージ 6

大きさでは豊橋一ですが石室の長さでは愛知県下一の長さを誇ります。
ここは現在でも内部に入って観察する事が出来るのです。

イメージ 7

次の目的地は豊橋市牛川町と大村町を結ぶ渡し舟。
渡し舟と言っても、ここは市道扱いの為、市の運営(厳密には民間委託)で無料なのです。
定員は10名とのことなので(自転車もあるし)二班に別れ
船頭さんに二往復していただきます。

イメージ 8

地元の子でしょうか?
慣れた風で自転車にまたがったまま手摺につかまっている女の子もいます。

イメージ 9

かつて豊川には23ヶ所の渡し舟があったそうですが現在はここのみとのことです。
また人力での渡し舟で常時、運行しているのは日本全国でここだけとのことでした。
(この渡し舟も歴史ポイント! 平安時代からの歴史があるとの事)

イメージ 10

お昼は豊川稲荷の門前でいただきました。
食事の後は豊川稲荷に参拝します。

最近では多くの方がご存知ですが、ここは曹洞宗の寺院、豐川閣妙嚴寺(とよかわかく みょうごんじ)で
山門鎮護の為、祀った豊川荼枳尼真天(とよかわだきにしんてん)が稲荷信仰と結びつき
江戸時代、信仰を集め発展したものなのだそうです。

余談になりますが、・・・せっかくですから?豊川稲荷のお参りの仕方を。
お参りの仕方も通常の神社のように「二礼二拍手一礼」でも良いとされていますが
本来は(ごく簡単に書きます)
①合掌し「ナム トヨカワダキニシンテン」 と3回唱える。または「キミョウチョウライ トヨカワダキニシンテン」と3回。
②「オン シラバッタ ニリウン ソワカ」と21回唱える。(7回でも可とされる)
③そのあと願い事を黙想・祈念する。
④①を3回繰り返して終わり。
初詣の時、こんなにたくさん全員が唱えていたら大変な事に(笑)

さて、お参りが済んだら奥の院の方に歩きましょう。
(拝殿から右手の方向)
昼でも暗い杉林の奥にあるのが・・・

イメージ 11

霊狐塚!!!

イメージ 12

もともとは「全国の稲荷に枳尼眞天のお使いに行く狐」として、三百一体が安置されていましたが、
その後信者の方が「祈願と成就のお礼」としてたくさん奉納するようになったのだそうです。
表情もいろいろ有りますので観察して写真を撮るのも面白いかも?
でも、くもりの日や夕方は不気味ですね。

※後半に続く・・・