イメージ 1

先日、シクロツーリストVol.3をご紹介しました。
順番が逆になってしまいましたがシクロツーリストVol.2ももちろん、購入しています(Vol.1 もね)

シクロツーリストVol.2の特集は、なんと「峠」! 「日本の峠100選」!!が掲載されています。

「あの峠が載っていないなんて」、「何で、こんな峠が?」等という方もいるようですが批判的な
意見があるということは、それだけ注目度が高いと言うことでしょう。
私は、このような本が出るようになったということだけでも嬉しいと思うし内容には
十分楽しませてもらっています。
(何の力も有りませんが気持ちだけは)素直に応援させていただきたいとも思っています。
たしかに「あの名峠が載っていないなんて」と言う意見も、わからないわけではありませんが、
いくら名峠でも、いつも同じ峠ばかり出てくるのでは(?)つまらないじゃないですか?(笑)

上野氏の「私設ディレイラー博物館」も、自分の、いい加減な知識を整理するのに?とても、
為になっています。
出来ればもっと踏み込んで?ずっと続けていただきたいものです。

「日本の峠100選」の話題に戻りましょう。
購入後、さっそく、峠名の一覧を見てみました。
長年、自分の住む愛知県と近隣の静岡県、岐阜県そして信州の峠を中心として走っていた私、
信州、愛知の峠はほぼ行った事が有りました。
1、2、3~数を数えてみると自分が行った事がある峠の数は約5分の1の「21峠」に過ぎませんでした。
今度は行ったことのない峠の紹介文を読んで見ます・・・・
今まで峠行きを考えた事のないエリア(とは言っても、それほど遠くない場所でも)に
興味深い峠がいくつも紹介されているではないですか。
ということで、早速、いくつかの峠に行ってまいりました(笑)
(8月14日、現在28峠に行きました)
今後も、この本に掲載されている峠巡りで、しばらく楽しませてもらえそうです。