前回より続き。

毛無峠に寄り道?した後、今度は万座峠に向かいます。

イメージ 1

万座峠の手前で群馬県に入ります。

イメージ 2

県境から、しばらくアップダウンをこなし、そして、下ったところが万座峠(標高1827m)でした。
(現在の舗装道路は昔の峠道とは、あまり関係ないようです)

イメージ 3

万座峠の北側にのびる林道山田入線。
ここを下ると七味、五色、山田などの温泉地に下る事が出来ます。
万座道は湯峠でもあったと聞きます。
(先に書いた長野側の温泉等に行くだけではなく群馬側の万座、草津等に、
  この峠を通行した人もいるでしょう)

この道が古くからの万座道のルートに近いと思われます。
(湯峠=湯治など温泉に通う人が通った峠のこと)
ここはゲートが締まっていますね。
谷をのぞくと、かなり急峻な峠道のようでした。
MTBなら下って見たい気もしますが。

イメージ 4

万座峠の、お地蔵さん・・・
何か後ろの石碑??が妙な事になっています。
金属の補強?見たいな物も見えますが、どうなっちゃってるんでしょう。


イメージ 5

イメージ 6

万座峠を過ぎれば万座温泉はすぐ近くです。
硫黄の匂いが鼻をつきます。
それもそのはず、谷には硫黄などが噴出したと思われる所があちこちに。

さて、万座温泉から国道292号線に出て山田峠、渋峠に向かいたかったのですが
時間も時間ですし疲れてきましたので断念。
今日はここ万座温泉で泊まりたい・・・ところですが貧乏旅行なので車まで引き返します。
(いつものように車中泊)
イメージ 7

帰り道、また霧が流れてきました。
早く帰ろうっと(笑)


車に戻ったら明日のスタート地点に近い飯山市あたりまで移動しておくつもりです。