ダホン オビワン(中国国内仕様)、「日本仕様、ビスク/ヴィスク」も気が付けば
入手してから1年になっていました。

6ヶ月ほどで1000キロ超を走った後はタイヤを前後ローテーション、
それから少し走った後はポタリング程度で日常的には乗らなくなり走行距離も伸び悩んでいました。
(一時、パナレーサー ミニッツライトのタイヤを履いたこともありました)
改めて、走行距離を確認すると現在(10月29日)1636キロでした。

イメージ 1

イメージ 2

この2枚の画像は先日、岡崎市内の遺跡を探索に行ったときのもの。
基本的には、その後改造したところはありません。

この時はリクセンカウルのCK-810エクステンダー(シートピラーから伸びるアタッチメント)を付け
同じくリクセンカウルのKT817アレグラを装着していきました。
アレグラはショルダーバックになるので自転車から離れたときも肩にかけて移動できるので安心です。
(飲料も自転車用のボトルではなく500mlペットボトルをバックの中に)
ハンドル部に付いているのはソニーのパーソナルナビゲーションnav-u。


そうそう、最近、高速からのブレーキングの際、少々振動を感じるようになりました。

これには、心当たりがありました。
以前、アップした記事、輪行サイクリングの際、暗いトンネルをとばしていて穴に落ち、
前輪をバーストさせてしまったのです。
それは結構、激しい衝撃でリムの変形を心配するほどでした。
しかし、詳細にチェックしても幸い、リムの変形はないようで、そのまま乗っていたのでした。
どうやら、その時の衝撃でリムの変形は免れたものの横ブレが出ているようです。

イメージ 3

チェックしてみると、かなりの横ブレが出ているので修正します。
このホイールはニップルが外から見えずスタイリッシュで良いのですが・・・
調整の際はタイヤ、チューブ、リムテープをはずして外側から特殊工具を使って
作業しなければなりません。
フレ取りを行うと気になる横ブレは収まりました。
またフレ取り台を使ってリムの変形を再度、確認してみましたが大丈夫でした。

イメージ 4

イメージ 5

ただ気になるのがタイヤのキズ・・・
(上の画像が現在の前輪、下が後輪)
これは両方とも900キロ走行後ぐらいに付いたものです。
内側までは貫通していないので使っていますが下りで(タイヤのキズのこと)
思い出すと気持ちの良いものではありません(笑)

とりあえず、もうちょっと(最低、通算走行距離2000㌔位まで)乗ったところで
ミニッツライトに交換するつもりです。
それまで、あと、400キロほど、何とか持ってもらいたいものです。
でも、2000キロ、もったらもったで、もっと乗ることになるかも。
なにせ貧乏性なので(笑)