12月4日は仕事をサボって?滋賀県甲賀市信楽町にある
MIHO MUSEUM (ミホミュージアム) にいってきました。

秋季特別展「土偶・コスモス」が開催されており(現在は終了)
多くの貴重な土偶が展示されているからなのです。

そのうえ(11月30日(金)~12月9日(日))には「国宝土偶4点すべて」が
勢ぞろいです。
これは見逃すわけにはいきません。

イメージ 1

画像は秋季特別展「土偶・コスモス」の告知から、お借りしたもの。
左「国宝 縄文の女神」
右「国宝 縄文のビーナス」
別に国宝 土偶 2点、その他、素晴らしい造形の土偶が多数展示されていました。
(縄文のビーナスは以前会った?事があるので再会 笑)
縄文人の造形センスに驚き感動したのはもちろんですが・・・
それにしてもミホミュージアムの敷地、建物、常設展示もすごかった。

イメージ 2

幻想的な遊歩道のトンネル
画像は帰り道。
行きはまだ、すいていたので女性の運転するトラム?(電動車)で送ってもらった。
(高齢者などは無料で送り迎えしてもらえる)
※追記↑書き方が悪く誤解を招くかもしれませんが誰でも利用できて無料です。

イメージ 3

トンネルを抜けると橋梁。
この画像は展示館を背に入り口方向を見たところ。

イメージ 4

そして展示館。
神社を近代的にアレンジしたような展示館入り口。
展示館は左右に広がるものの、後方斜面に広がる半地下部分が多く、
こちらからはほとんど見えません。
(有名建築家の設計になるもの)


今回の展示会に難点があったとすれば・・・
出品物の図録が3150円と高価だったこと。
(散々、迷った末買わなかった)
もちろん、レベルの高い写真が多数載った分厚いもので資料製も高い本でしたが・・・
一般人には、もう少し紙質、編集を簡略しても良いので2000円ぐらいで
用意してほしかった。
手にとって熱心に眺めながらも買わない人を多く見かけましたので
同じ気持ちの人は多かったと思います。
どこかで(安く)中古本でてこないかなぁ(笑)