奥武蔵グリーンラインの刈場坂峠から下ります。

イメージ 1

下る途中にある虚空蔵峠。
画像は虚空蔵峠から見た刈場坂峠からの下りの道。
現在の道から見ると虚空蔵峠の位置はピンと来ませんが・・・
現在の道とは違った道筋があったようです。

イメージ 2

刈場坂峠からの下りで見た山肌は桜の花で覆われていました。

イメージ 3

刈場坂峠から下り国道に出る直前から今度は次の峠に向かいます。
右が刈場坂峠から下って来た道、背中側が国道、そして向かうは左側の登りです。
比較的傾斜のゆるい走りやすい道で向かう峠は・・・

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

高校生の頃から自転車雑誌のサイクリング日記などでよく見かけた名前、
正丸峠(636m)についにやってくることが出来ました。

イメージ 7

正丸峠を通過し次の峠へ。

イメージ 8

まもなく?到着したのは山伏峠。

イメージ 9

峠名入り看板は期待していなかったものの意外にも立派な看板が。

イメージ 10

山伏峠から折り返し、また正丸峠に向かいます。
今日は、これで名前のある峠だけで
①顔振峠、②傘杉峠、③花立松ノ峠、④飯盛峠、⑤ぶな峠、⑥刈場坂峠、⑦虚空蔵峠、⑧正丸峠、⑨山伏峠、
そして2回目の正丸峠(笑)

イメージ 11

本日、2回目の正丸峠、左の階段を登ると旧正丸峠に至ると書いてあったので
自転車を置いて偵察に行くと、まだ結構距離があるようで断念(笑)
こんな階段を登ったのに・・・

イメージ 12

正丸峠からの景色。
何度もいうが・・・本当に埼玉の山は険しく深い・・・

さあ、後は下り基調の国道をとばして車に戻りましょう。
それにしても・・・夕方になり気温も下がり指切りグローブで握るブレーキレバーが
冷たくてかないません(泣)

本日は終わり、明日は・・・