正月2日も昨日のメンバーと「山に修行に」行くつもりでしたが
自分の都合で行けなくなってしまいました。
そこで、同じメンバーで年末に登って記事をアップしていない
低山のネタをご報告します。

イメージ 1

12月29日に登ったのは2万5千分の1の地形図にも名前のない渥美半島の山。
場所はサーファーなら、ご存知の?赤羽根ロングビーチの北東にそびえる山。
(旧赤羽根役場の東)
この山、意外に標高はあって189.3m、ただ、ふもとにグランド、
文化広場などあり総合的に開発されているようで遊歩道だけではなく
頂上近くまで未舗装ながら車の通れる道があります。
(4輪、モーターサイクルなど一般車両は通行止めですが)

先ほども書いたとおり未舗装ながら車の通れる道がありますから、
あっという間に南端の展望台に到着。
(頂上ではない。1枚目の画像の右端)

イメージ 2

南端の展望台から見た、太平洋(遠州灘)、大農業地帯。
奥は豊橋市から静岡県方面になります。

イメージ 3

画像ではわかりにくいと思いますが、この日は富士山もくっきりと。

イメージ 4

南側は赤羽根ロングビーチの東側入り口道路が見えています。

イメージ 5

伊良湖岬、三重県側も、こんな感じ。
ここ赤羽根地区は「電照菊」で有名なので夜間に登れば電気照明されたハウスが幻想的な
景色を見ることが出来ます。

イメージ 6

頂上展望台に移動。
少し階段を押さなければなりません。

イメージ 7

頂上展望台から見た先ほどの南端の展望台。
このお正月には初日の出を見る為に登った人も多いのでは?

この後も、峠を含むなど、いろいろ走ったのですがK隊員が、
ガンガン突っ走ったので画像はなし(笑)