前回は花丸峠に北西ルートから登った記事を書きました。
今回は花丸峠を下ります。

イメージ 1

南側から見た花丸峠。
峠で休憩、昼食の予定でしたが・・・強風で寒くて耐えられません(笑)
とりあえず風がよけられて日当たりがよいところまで下ることにします。

イメージ 2

さて、峠からどちらに下りましょうか?
南ルートはスタート地点方向に近いけど、ひどく荒れていること
は判っているので単独では精神的に辛い。
東ルートはMTBなら乗れるところが多いものの古道、林道の距離があり
今日のスイスクロスでは振動が厳しい。
来た道を戻るのはつまらない・・・
ということで北西ルートを下ることにしました。

北西ルートはスタート地点まで戻るのに一番遠回りになりますが
以前下った時はMTBでほとんど乗車できた記憶がありますし、
舗装路に出てしまえば遠回りとはいえ、ずっと舗装なのです。
ただ、その北西ルートも以前とは比べようもないほど峠周辺から
荒れているのが気にはなります。

イメージ 3

下っていっても心配どおり荒れていてほとんど乗車することは出来ません。

イメージ 4

やっと乗れそうになってきたと思ったら今度は崩落しています。

イメージ 5

下ってきた道を振り返ります。
真新しく見える石碑ですが江戸時代と思われる年号がありました。

イメージ 6

同じく下ってきた道を振り返っています。
舗装路が近くなってくると石垣など、かつての生活の痕跡が見られるようになります。
前回、書いた郵便配達の人の自転車は、このあたりに置かれていたのでしょうか?
それとも、もう少し下のほうでしょうか?

イメージ 7

舗装路に出ました。
左手が花丸峠から下ってきた道になります。
道端ですが日当たりがよく風も遮られるので、ここで昼食、休憩。

イメージ 8

あとは、ぐるっと山裾を回って仏坂峠に向かい海老方面まで舗装路を行くだけですが・・・
強風の為、とても辛かったのは想定外でした。
(画像は既に神田、月地区周辺まで走ったところ)
今日は、わざわざ、風の影響が少ないと思い山間部に走りに来たのですが(笑)
(ここは例外的に道が良い区間、ほとんどは崖下の曲がりくねったセンターラインもない道が続く)
この辺りでは谷を抜けてくる風が強烈で思わず足を付いてしまうほどでした。

イメージ 9

仏坂峠に向かう道。
見えてはいませんが正面奥の山の向こう辺りが花丸峠でしょうか?

イメージ 10

信じられないかもしれませんが「その1」の最初に書いた
「東ルートの南にあるルート」は、この山中の尾根近くを通っています。
今シーズン中(草木がはえず、山ヒル、虫、蛇の出ない冬の間)に、
なんとか探索してみたいと思っています。
画像の舗装道路は広く見えますが・・・
たまたま、ここだけで
後はほとんど崖沿いの狭い曲がりくねった道です。
その為、近年まで道は山中の尾根近くにしか作ることが
出来なかったようです。

さて、次回は久しぶりにMTBで東ルートを下るか・・・
それとも峠を通らない南ルートを探索するか・・・
でも、その時は、どこから登りましょうか?
距離的には南ルートですが・・・
高低差もあるし倒木もおおいし荒れ果てて辛いしなぁ(笑)
そうそう、安全の為に同行者も募らないと。