12月28日は年末恒例?の「モールトン奈良ポタ」に行ってきました。
(恒例と言っても今年で、まだ3回目ですけど)

イメージ 1

縛りはモールトン系の自転車で参加することで走る場所は
奈良と決まっています。
今回はBSモールトンが新旧4台、アレックスモールトンが2台(AM-7とスピード)の
合計6台の参加となりました。

イメージ 2

車を奈良市街地北部に止めて自転車で走りだします。
聖武天皇陵脇を抜け東大寺へ。
ただし今回は、参拝せず。

イメージ 3

最初の目的地は東大寺の背後の若草山。
未舗装路を登って若草山へ。

イメージ 4

若草山から見た奈良市街。

イメージ 5

奈良市街をバックに私のAM-7。
AM-7先週に引き続きダートで酷使される・・・
もう、今後、繊細なAM-7でダートを走るのは絶対にやめよう(笑)

イメージ 6

若草山から下ると、もうお昼近い時間。
以前、雑誌で見て記憶していたカレー屋さん「高畑まんま亭」さんへ。
こちらのお店は自転車愛好家がオーナーで店内には自転車、選手のジャージ、
自転車雑誌がいっぱい。
自転車用ラックも用意されているのでスタンドのないロードレーサーも大丈夫。
場所は春日大社の南、新薬師寺の近くと観光にも便利。

イメージ 7

昼食の後は念願だった国指定遺跡、頭塔(ずとう)へ。
ここはガイドブックや遺跡マップなどにもあまり紹介されていない史跡。
また周辺は私有地で囲まれており見学には予約(近くの民家で管理)が必要。

イメージ 8

「日本のピラミッド???」などと面白おかしく取り上げたTV番組も
過去にあったようですが・・・
実際は「767年、東大寺の僧が土塔を築いた」と古文書にあるそうで
役割は「墓ではなく五重塔などと同じような仏塔」と考えられているそうです。

イメージ 9

頭塔には多くの石仏がまつられています。

イメージ 10

猿沢の池越しに見る興福寺、五重塔。
このあと、興福寺国宝館など見学。
(国宝館には有名な阿修羅像がおられます)

イメージ 11

興福寺を見学した後は「ならまち」散策。
奈良町をじっくり楽しむなら自転車よりも歩きの方が良いかもしれない。

イメージ 12

御霊神社(ごりょうじんじゃ)
ここの御霊とは「祟る霊」のことだったはず。
皇族の内紛で抹殺?された井上内親王、他戸親王の祟りを恐れ丁重に
おまつりしたのが御霊神社のおこり。
現地の案内板、ガイドブックなどには、ほとんど「たたり」には
触れられておらず「御霊を慰める御霊会が行われた」と書かれている程度。

イメージ 13

元興寺(がんごうじ)​(世界遺産「古都奈良の文化財」)
は、かつて南都七大寺に数えられ隆盛を極めたらしい。
現在、ならまちと言われている地区のほとんどすべてが、かつては
元興寺の寺域であったそうです。
現在は、ならまちの民家の間にひっそり?と元興寺が建っています。


次回の奈良ポタはどこに行きましょうか・・・
って一年後?