2月7日は蒲郡市の北側の山、遠望峰山(とぼね)、聖山(ひじり)に
行ってきました。
今日もコルサ探検隊(正確には字数調整の為、コルサ隊)とタイトルに
書いていますが単独です(笑)

あっ、そうそうタイトルで誤解を招くといけませんので・・・
タイトルに「MTBで○○山」と毎回、書いていますが必ずしも山頂までMTBを
持ち上げようというわけではなく「自転車で行けるところまで行って
後は歩きで山頂を目指す」という考え方です。念の為。


イメージ 1

展望台から遠望峰山山頂までいったん戻ります。
画像の左手から(道標あり)裏側に蒲郡側(聖山、柏原地区方面)に下
る山道があります。

イメージ 2

急な山道を下っていくと歩道橋がありました。

イメージ 3

この歩道橋は三河湾スカイラインを越えるもの。
中央に先ほど(前回の記事)立ち寄った遠望峰山展望台近くの電波塔が見えています。
そういえば、スカイラインを通るたび、この歩道橋には気が付いていましたが・・・
30年以上経って、はじめて登山道の為の歩道橋であることに気が付きました(笑)

イメージ 4

歩道橋を渡って三河湾スカイラインを少し歩きます。
多分、中央手前の尾根の先端が聖山だと思われます。
(奥の尾根とは違います)

イメージ 5

奥が歩道橋の方向。歩道橋から東に少し歩くと聖山への道がありました。

イメージ 6

まずは意外に急斜面の登山道を下っていきます。

イメージ 7

急斜面を下ると尾根伝いにアップダウンを繰り返し
(何度か山頂と思われるところがあります)
積んだ石が見えたので、いよいよこんどこそ山頂かと思いますが・・・
またまた違いました。

イメージ 8

ここが本当の聖山山頂(328m)
山頂は残念ながら展望はありません。
しかし日も当たり長閑な感じで、のんびり休憩するには良い雰囲気でした。

イメージ 9

イメージ 10

展望はありませんでしたが山頂南側に奇岩がありました。
この岩が信仰の対象になっていたのかもしれません。
(聖山の名前の由来??)
三河湾スカイラインから山頂までの往復のみの方は、
この岩を見逃さないようにしてくださいね。
(山頂のすぐ南側にありますから)

イメージ 11

聖山山頂から蒲郡方面に下る道もありますが自分はまた遠望峰山に戻ります。
聖山の尾根は、明らかに人が通りやすいように手が入っているようです。
先ほどの奇岩信仰の為でしょうか?

イメージ 12

聖山から遠望峰山を経由して自転車を置いた三河ハイツまで戻りました。
西側を眺めると・・・先週登った西尾、茶臼山が見えていました。
(中央やや左の電波塔がある山)


ここで自転車に戻り遠望峯林道を登ってきたルートと
違う方向(不動ヶ池、とぼねグランド方面)
に下り
大井池方面に戻って今日のサイクリング、登山は終了でした。

まだ時間は早いので・・・蒲郡市内の友人宅に寄っていくことにしましょう(笑)