アレックスモールトン、1985年式のAM-7についてご紹介していく
このシリーズ?。

はじめに・・・
※わたくし、BSモールトン歴は長いもののアレックスモールトンは初心者。
間違いなどございましたら、ご指摘いただけると幸いです。

イメージ 1

前回はAM-7をご紹介しましたが今回は、その純正ホイールをご紹介します。

イメージ 2

1985年式フレームのアレックスモールトンAM-7の純正ホイール。
(もちろん、タイヤは近年の物です)

イメージ 3

リムは当時のカタログ(輸入販売元ダイナベクター製作)によれば
「28Hミストラルリムを使用しています」と書かれています。

製造はフレームと同じく、いわゆる「お城製」だそうです。
サイズは17×1・1/4で材質はアルミ製。
アルミの材質はとても柔らかいようで、ほとんど乗られていない感じの
我がAM-7のリムも、どこかにぶつけたのか大きな傷がリムサイドに、
いくつか見受けられました。
(2代目オーナーのN氏はBSモールトンのホイールを共用していた為、純正ホイールでは
ほとんど走行していなかったらしい)

イメージ 4

リムサイドの大きなキズ。

イメージ 5

キズをサンドペーパーで削り修正した様子。
ブレーキゴム当たり面、全体にペーパーを当てて一か所だけ集中的に
削ってしまわないよう留意して作業したつもり。

イメージ 6

ハブは希少な?スペインはZEUS(ゼウス)製。
(ZEUSは、かつてフルコンポメーカーであり、そのうえフレーム、完成車までも販売していた)
前後ともナット式。
もともとホイール付のままフレームを分割してキャリングバッグに収納する
タイプの為、QR付のハブの必要性を考えていなかったということでしょう。

また余談ながらフレームのエンドは前後とも極端に薄くQRハブの
固定フィーリングが悪かった、固定力がが弱い、といった問題もあります。
(QRハブはエンドの厚みがある程度ないと機能、固定に問題があるとのこと)
自分は現在のところ、特に不具合は感じないのでQRハブに
組み替えてそのまま使用しています。
(リヤがロードエンドタイプのフレーム「AM-5など」はQRだと固定力が不足するかもしれません)

イメージ 7

リヤハブにはフリー部分のネジ規格を表す「B.S.C」の文字もあります。
スペイン国内の規格が何だったのかはわかりませんが・・・
イタリアンやフレンチの製品もあったのでしょうか?

スポーク組は画像からもお分かりになると思いますが
リヤ4本組、フロントはラジアル組になっています。
リヤの左右スポーク長は左右で長さが変えてありますのでオーバーホール時などは
混ぜてしまわないよう注意しましょう。

純正ホイールのスポークの実測長は
フロント ・約164ミリ
リヤ(フリー側) ・約167ミリ
リヤ(左側) ・約169ミリでした。
スポーク太さはカタログでは「線径2ミリ」と書かれています。
これは日本で言う14番と言ったところでしょうか?

イメージ 8

アレックスモールトンの特徴的な極小トップ歯数をボスタイプでありながら
実現しているフリーホイール。
7速で歯数は9ー11ー13ー16ー19ー23ー28Tになります。

カタログによれば標準(これも、もちろんモールトン特製スプロケットですが)
は10T、オプションで9Tが選べるようなニュアンスで書かれています。
フリーホイールの製造メーカーは?・・・次回、構造を含めて、ご紹介しましょう(笑)