今回は以前に行ったもののブログにアップしそこなっていた山行き記録です。

今日もコルサ探検隊とタイトルに書いていますが単独です(笑)
あっ、そうそうタイトルで誤解を招くといけませんので・・・
タイトルに「MTBで○○山」と毎回、書いていますが必ずしも山頂までMTBを
持ち上げようというわけではなく「自転車で行けるところまで行って後は歩きで山頂を目指す」
という考え方です。念の為。


さて今回の場所は岡崎市と蒲郡市の県境にある尾根の中の一つ、桑谷山(くわがいさん)。
以前は国民宿舎(のちに市民休養施設)「桑谷山荘」があったので三河地区の方なら
ご存知の方も多いでしょう。
ただし、桑谷山山頂は桑谷山荘とは少し離れた場所になります。


イメージ 1

蒲郡側から見た桑谷山、尾根の中央部に小さく写った白いレーダードームが
お分かりになるでしょうか。
レーダードームのある場所が桑谷山の山頂の場所になるようです。

さて、いろいろルートが考えられますが・・・
自転車で一番お気軽に登れるコースで行くことにします。
それは・・・まず蒲郡側から林道?を登って三河湾スカイライン、坂本インターまで行く。
いったん桑谷山荘の跡地を訪ね、その後は三河湾スカイラインで山頂近くまで
走ったところで歩きに切り替え山頂に登るというルート。
これなら歩きは最小に抑えられるのです(笑)
ちなみに三河湾スカイラインは、かつて有料道路で自転車通行禁止でしたが
現在は無料、自転車の通行も許されています。

イメージ 2

林道を登っていきます。
狭い道ですが交通量はほとんどないので、かつてクラブでヒルクライムレースにも
使っていたコースです。
ただし、ずいぶん久しぶりで新鮮でした。

イメージ 3

林道を登りつめ峠は三河湾スカイラインの高架をくぐります。
そのまま反対側に下れば岡崎市山中地区(国道一号線)に下ります。

イメージ 4

桑谷山荘の跡地に行ってみました。
建物はすでに何もなく公園化?が進められていました。
画像は山荘跡地から見た景色。
蒲郡市街地、三河湾、渥美半島が一望できます。

イメージ 5

左手には三河湾スカイライン、坂本インターが少し写っています。
また山荘跡地からは展望台への案内が出ていますが山頂とは違いますのでご注意を。

イメージ 6

三河湾スカイラインを山頂付近に向かって走っていきます。
無料になりましたが・・・舗装も古くなりかなり荒れた路面になっています。
路肩には砂利も多いので注意してください。

イメージ 7

三河湾スカイラインで山頂付近に近づくとフェンスがあります。
フェンスからレーダードームへの道がありますが国土交通省大阪航空局の
重要な施設なので・・・通行は禁止されています。

周辺の藪に登山者の踏み跡らしき道があるのですが、頂上近くは、ほとんど
藪こぎ状態で登ることになります。

イメージ 8

レーダードームの裏側に桑谷山(435.4m)山頂がありました。
山頂からの展望は残念ながら良くありません。
休憩の後来た道を下山することにします。

イメージ 9

坂本インターから蒲郡方面に下る途中には勝善寺という古刹があります。
室町時代作の観音菩薩立像があるそうですが・・・
三十三年に一度の会長の秘仏だそうで。
また梵鐘は国指定の重要文化財なのだそうですが・・・
現在、寺の鐘楼にあるのは別物で(笑)
(重文の鐘は蒲郡郷土資料館に展示されているらしい)

イメージ 10

勝善寺近くから蒲郡方面を見たところ。
ここからも三河湾をはさんで渥美半島(田原市、豊橋市方面も見えています)
山奥ですが、ここに寺が作られた理由がわかるような気がします。

※桑谷山おわり。