アレックスモールトン、1985年式のAM-7についてご紹介していく
このシリーズ?。
はじめに・・・
※わたくし、BSモールトン歴は長いもののアレックスモールトンは初心者。
間違いなどございましたら、ご指摘いただけると幸いです。


イメージ 1

以前、ご紹介したAM-7の純正ホイール。
当初、1985年製のフレームに近い年代の部品で自転車全体を組みましたが
やはり乗りにくいということで・・・
気軽に走れる仕様に変更することにしました。
気軽に乗るためには特に駆動系とブレーキ関係を新しいものにということで
まずは駆動系を変更するためにホイールを組み替えることにしました。

純正時のホイールの各部をもう一度ご紹介。
①リムはモールトン純正ミストラルリム(お城製)
②ハブはスペインのゼウス(ボスタイプフリー用)
③フリーはイタリアのレジナCX(7速)


組み直す決意を固めていろいろ考えた結果、リムはミストラルリムを
そのまま使うことにしました。
となると、次の問題はハブ選び。
シマノのリーズナブルな価格帯の部品で組み上げることにしたので当然、シマノの
ハブを選べればよかったのですが・・・
残念ながら28穴のミストラルリムに対応する28穴ハブはシマノでは
デュラエースクラスしかありません。
もちろん、最高クラスで信頼のデュラエースですが前後セットでざっと4万円ぐらい、
では手が出ません。

そこで、いろいろ探していると・・・
友人から「TNiのシマノ10速対応ハブが前後セットで1万円以下、もちろん新品」
との電話が。
すぐに買ってきてもらい見てみると色が黒、シルバーが好みだったけど地味な
フレームカラーのAM-7には黒いハブでもいいか?と、このハブで行くことにしました。

イメージ 2

組み変えた新ホイール。
と言っても、この向きの画像では1枚目の画像との違いが、分かりにくいと思いますが。
①リムはそのままモールトン純正ミストラルリム
②ハブはTNi(銘柄不明)のシマノ10速対応
③スプロケットはシマノ105

イメージ 3

イメージ 4

画像はTniハブ。
フロントはラジアル組、リヤは左右とも四本組。
組み変えは面倒なことがありました。
TNiの前後ハブともAM-7純正ホイールのゼウスハブとはフランジ径が違うので
スポーク長が変わってくるのです。
そのうえリヤはゼウスのハブと、おちょこの量も大きく違うと思われます。
(このこともスポーク長に影響する)

イメージ 5

フロントは見るからにフランジが小さく・・・
適当に見当を付けて手持ちの166ミリで組むとこれがぴったり。
リヤはいったん仮組してみるものの左の長さがうまく合っていなかったり・・・
いろいろ試してみたのですが結局、右164ミリ、左は右より6ミリも長い170ミリで
左右の長さ、テンションバランスとも程よく取れる感じだったので、
この組み合わせで行くことにしました。
(その後、400キロ以上走行しましたが問題は起きていません)

イメージ 6

モールトンはエンドが極端に薄い為、QRのシャフトがこんなに飛び出してしまいます。
見てくれも格好悪いし危険でもあるのでカットすることにしました。
(このホイールをBSモールトンなどに使うにはQRはそのまま使えませんが)

イメージ 7

ダブルナットで位置決めし切断。
ナットには位置決め以外にも役目があります。
切断後すぐ抜かずいったん緩めて切断部をやすりで仕上げた後、ナットを抜けば
ネジの溝を綺麗にするダイス代わりにもなるのです。

イメージ 8

きれいにシャフトが収まりました。

イメージ 9

TNiのQレバーはシンプルな形で意外に好み。
黒いアルマイトを、はがして少しやすりで成形し磨き上げたら・・・
大変そうなので止めておきましょう(笑)

イメージ 10

画像ではわかりにくいかもしれませんがミストラルリムは磨けばとても光ります。
(磨きにはマグワイアーズと言う製品を使っています)
ただし、前にも書いた通りリムの材質はとても柔らかいようで
磨く布が悪かったり力を入れ過ぎると磨き傷になってしまいます。
仕上げ段階では柔らかく新しい布で優しく磨かないといけませんね。
改造が終わったら、もう一度丁寧にリムを磨くことにします(笑)


※新しく組んだスプロケットについては、いずれ取り上げます。