病み上がりで(というか治療中)の為、がっつり走りに行くというわけには
行きませんが新しいMTBも来たので乗ってみたくて仕方ありません。
そこで、自宅近くの海岸と戦争遺跡の探索に行ってきました。


イメージ 1

自宅から数キロなのに久しぶりに来た豊橋市西赤沢の太平洋海岸。
中学生の頃は化石採集や浜遊びに時々来ていたのですが。
サーファーの友人を探すものの今日は来ていないみたい。


イメージ 2

海食崖の中腹から見た太平洋。
中腹でこの落差ですからてっぺんからの標高差は数十m。
落ちた体力でも超ワイドなギヤ比で何とかクリア(笑)


イメージ 3

豊橋市西赤沢町の貴船神社。
まずは参拝して戦争遺跡の残るという裏山に入ります。


ここは先ほどの海岸から、1キロ足らずの場所にあります。
第二次世界大戦後半、太平洋からのアメリカ軍の上陸を迎え撃つべく(本土決戦)
築かれた遺構だということです。
(豊橋市はかつて歩兵第十八聯隊、海軍航空隊基地などの軍都でした。)


イメージ 4

社殿の裏山に入るとすぐに、それらしい溝がありました。

イメージ 5

これが塹壕(交通壕、生存壕)の一部と思われます。

イメージ 6

画像ではわかりにくいと思いますが・・・
さらに裏山を探索すると丸い穴が、いくつかありました。
ここには機銃などを置いた(あるいは置こうとした)跡かも知れません。
この辺りの地形は北に向かって緩やかに傾斜していますので(海岸は南側)、
迎え撃つというよりも、いったん上陸した(された)アメリカ軍を背後から
攻撃しようとしたのかもしれません。
(現在、貴船神社の裏山の北側は国道42号線が東西に通っていて丘は断ち切られています)
まあ、いずれにしても、この辺りが実際の戦場にならずによかったですね。