イメージ 1

さて、前回までは、外すのに苦労したサカエピラーが今回はいきなり
杉野マイティピラーに変わっているうえフレームにセットされた
組み付け完成画像になっていますが・・・
この段階で問題が発生しています。

イメージ 2

前回の記事でもふれたとおり、モールトン純正の下側スチールパイプと
27.0ミリ径のピラー上部とでは隙間が、わずかにあることは
わかっていました。
この隙間、接着剤を塗布する面として、あえてこうしてあるのだと
思いますが、自分の改造では、また元に戻すことや更なる改造?
することを考えると「接着はしたくありません」でした。
また4方向から4本のリベットでしっかり固定すれば「ガタ」は
「それほど気にならないだろう」との読みもありました。
もちろん、しっかり固定するためリベットもピラーの肉厚に適した
長い物を購入、使用しました。

正直、リベットだけでも走行中に感じるほどの大きなガタではなく
「気が付かないふり」をしてもよかったとは思ったのですが(笑)
この記事の初めの頃、「サドル角度で1度以下での微調整~」の為に
「2本止めピラーを使いたかった」とまで書いてしまっておきながら、
ごくわずかとはいえガタを容認しているのは思わぬ突っ込みを食らって
恥をかく可能性もありそうです(笑)


オリジナルの外観にこだわらなければ・・・
リベット穴を「4方向、4カ所」から「4方向のままでも8本ぐらい」に
増やせばガタはなくなると思えますが、それでは、いざという時?
元の外観に戻せなくなってしまいます。
(それにリベットだらけの少しうるさい外観にもなってしまう)


ということで、ここから、もう一度ばらして対策することにしました。

考えてみれば27.0ミリのピラーでは、結構ガタがあったのですから接着剤を
使わずに27.2ミリのピラーを挿入する方法を取る手もあったかもしれません。

その2の記事で書いた冷却スプレーで①内側のピラーを冷却して
縮小させ(冷凍庫で冷やすほうが安上がり?)②外側のパイプを暖めて
膨張させておいて嵌合すればほとんどガタなく合体出来たのではと思います。
その上でリベット止めすれば接着剤なしでも・・・
切断した27.0ピラーを無駄にしたくはないので、この考えはあきらめます。
(次に、もし別のピラー上部に変える事があったら考えよう)

イメージ 3

ホームセンターで金属どうしの接着もOKという接着剤を探してきました。
金属と金属「○」となっていましたが特に「鉄、アルミ」と金属とはいえ
異なる素材の接着はどうなんでしょうか?
異種の金属だと、たとえば膨張率とか違うだとか・・・
まあ、今回は万一、接着が完全ではなくなったとしても隙間を埋める役目を
してもらえれば良いかと接着剤との相性は気にせず進める事にします。


接着剤を、たっぷり両方に塗り挿入します。
(ちょっと塗り過ぎたかも)
下側のリベット穴からも接着剤がはみ出しています。
左に見えるリベットは仮に差し込んである位置決めのもの。
この後、本番のリベットを4本打ち込み、大きくはみ出た接着剤だけ軽く拭いて
丸二日ほど放置しておきました。
ちなみに接着剤の説明書による目安の乾燥時間は数時間ほどでしたが大量に
塗り込んだので念の為。

イメージ 4

先にも書いた通り、大きくはみ出ていた接着剤は乾く前に大雑把にふき取り、
残りを「ラッカー系塗料薄め液」で、それほど苦労することなく除去すること
が出来ました。
まだ画像手前から後部に接着剤のはみ出しがわずかに見えます。

イメージ 5

リベット止め+接着でガタなく取り付けらられたスギノ マイティピラー上部。
2本締め構造で微妙な角度調整も楽々のうえ固定力も強力、そして見栄えも最高(笑)
(サカエP-5も良かったけど、やっぱり2本止めは格好良いですよね)


まあ、いざとなれば、純正のサカエに戻すことも出来るますしね。
(ただ、今回使用した接着剤がどのくらい強力かどうかは未知数なので)

イメージ 6

ついでに行うことにした作業がピラーの下部(フレーム内部に入る部分のカット)
「その1」で「元に戻せる以外の改造は、ほとんどしません」と書きましたが、
ここは外からは通常見えませんしね。
(それに内蔵式されているというポンプは、もともと失われていましたから)

イメージ 7

新しくつけたマイティピラーの上部+ブルックスプロフェッショナルサドルの
組み合わせでで計測すると、だいたい22センチほどフレームに入っているようです。
ブルックスより「薄い最近のサドル」を使うことも考慮(ピラーがその分長く出る)
して余裕を持たせてカットすることにします。

そこで、余裕を持たせて切断したのは・・・10センチ。
これでは、たいして軽量化にもなりませんけど(笑)

実は、この作業の主目的は軽量化ではなくてフレームからピラーを差し替える際に
抵抗が大きい為にした作業なのです。
うちのモールトンのフレーム内部(パイプ内径)は若干の歪みがあるのか奥まで
差し込むとスムーズに上下出来ません。
その作業でフレームを傷めないよう少し下部をカットしてみたのでした。

イメージ 8

現在の姿。

※ピラー改造記事、おわり。