※今回も入院中にパソコンを持ち込み、撮りためた画像の中からアップの
タイミングを逃していたネタで記事を作りましたシリーズです(笑)

イメージ 1

前回(9/9日の記事)、赤いトーエイのスポークが折れ交換した話を書きました。
今回はスポーク交換の際についでに行ったタイヤ交換のお話。

イメージ 2

スポークが折れた際にはいていたビットリアは、こんな具合。
誰が見ても、しっかり履きつぶしたといっていい状態です。
もちろん、途中で何度も前後入替をしているので前後ともこのような摩耗状態。

次に履くのは新品の・・・と言いたいところですが他の自転車に履きっぱなし
ですがあまり乗らないで劣化してしまったタイヤがあります。
ちょっと「傷みは激しい」のですが貧乏性なので、そのタイヤを
履くことにします。

イメージ 3

それが、これ。
アイズバイシクル(グランボア)さんのセールブリュ。サイズは700-26C、
ちなみに今まではいていたビットリアはロードレース用の23Cなので
少々太くそして重くなります。

太くなっても、もともと赤いトーエイはロードではなくスポルティーフ用
(26Cを履くつもりでオーダーを入れました)
で作ったフレームなのでクリアランスは大丈夫なはず・・・
と思ったらシートステーブリッジの下に付けた泥除け取り付け用ボルトが少し
当たってしまいましたので削りました。
まあ、これは見える部分ではないので組み付けの際、ネジ寸法が長過ぎれば
削るという性格のものでしょう。
(サイドプルブレーキ仕様なので隠しナットではなくボルト止め)

イメージ 4

トレッド部分のゴムはまだしっかりしてひび割れもありませんが?トレッドの
サイドに行くにしたがってひび割れが。
そして、リムに近い部分にもひび割れが発生しています。
リムに近い部分のひび割れが進行するとビードワイヤーから一気に裂けて
大きなトラブルになるので気を付けないといけません・・・
このタイヤ、果たしてビットリアのように使い切ることが出来るのでしょうか?

落車しなければ8月は晴天が続いたので500㌔は走れたかもしれませんが・・・