※入院中にパソコンを持ち込み、撮りためた画像の中からアップのタイミングを
  逃していたネタで記事を作りましたシリーズです(笑)

イメージ 1

以前、アレックスサンジェを分解した話を書きました。



その時にも書いたのですが、うちのサンジェは仲間内からも
「もっとも日本で冷遇されているかわいそうなサンジェでは?」
と言われているほど。

自分でも乗ってやりたい、磨いてやりたいと思うのですが古い部品で
普段のトレーニングもにも乗りにくいし、台数もあるので、
どうしてもガレージの奥の方に入ってしまいホコリもサビも、
ついつい見て見ぬふりを繰り返してきました。

今年の新春ミーティングに久しぶりに乗ったのですが・・・
あえて磨きもせずに乗って行ったら案の定
「どこかから掘り出してきたレストアベースですか?」
「えっコルサさん、サンジェなんて持っていたの?、それにしてもずいぶん風格が」
と言われる始末。

イメージ 2

ということで前回ご報告した通り出来る限り分解して磨き上げる作業を
実施完了しました。
(画像は磨く前に分解したチェンホイール)

イメージ 3
TAランドナーリングとストロングライトのクランクも
新品時のように
磨きあがりました。

イメージ 4

ハブ、リム、スポークは組んだままでは限界もありますし効率も
悪いのでばらして磨くことに。
重症と思われたカンパのハブは意外にきれいな姿に戻りホッとしました。

イメージ 5

自分としては意外に効きも不満が少なかった(不満がないとは言えないが)
マファックTOP63も綺麗になりました。

イメージ 6

もともとメッキが良くないと思っていたステムは予想通り腐食がひどく、
ちょっと寂しい状態のまま。
ピラーはステムよりはましといった程度。
再メッキしたいとも思いますが・・・
この2点だけピカピカになっても全体のバランスが・・・

イメージ 7

サドルのヤグラのメッキも大丈夫でした。
ただ、イデアル90のサドルは革に細かいひび割れが入ってしまったのが残念。
(さいわい、使用には問題なさそうではありますが)



さて、みなさんの期待は組み付けだと思われますが・・・
先にも書いた通り、台数もあってなかなか乗れないサンジェ、組み上げても
保管場所がガレージのままだとすぐにまたサビ、腐食に悩まされるでしょう。
(ガレージは温度変化などで意外と結露するので保管場所としては適していない?)


そこで、当面は部品、フレームバラバラのままで保管していくことにしようと
思っています。
その後は・・・

①ほぼ、以前の部品、仕様のまま組み上げる。
②部品を少し入れ替えて新たな気分で組み上げる。
③②より大幅に部品、仕様を変えて組み上げる。
④このまま、フレーム、部品のまま保管する。
⑤場合によっては大切にしてくれる方にお譲りする???

現在のところは③の方向で、どうしてもやってみたいことがあるので、
しばらくは⑤の選択肢になることはないと思うのですが・・・
(「サンジェのフレームでないと」という組み付けがあるのです)