8月2日に転倒、骨折した際に乗っていたトーエイの状況は
以前、ご報告しました。


イメージ 1

画像は事故後、そのままの「赤トーエイ号」

意外に被害は少なかったものの、なぜか、なかなか修理する
気になれませんでした。
そういうと落車のショックで・・・
とか精神的な理由かと思われるかもしれませんが
実は単に面倒だっただけ?

まあ、冗談ではなく、それも否定できませんが入院前に知人、友人に
頼まれていた作業を優先したのと入院中つらつらと
考えていた(自分の自転車の)作業を先にやりたかった為(笑)

イメージ 2

まずは、一番ショックだったデッドストックの
ブルックス プロフェッショナルの補修。
幸い大した傷ではありません。

イメージ 3

目の細かいサンドペーパーに当て木をして軽くこすって
「ささくれ」をなくします。
そのあとサドルオイルを塗っておきます。

イメージ 4

別に染めたわけではありませんがキズが目立たなくなりました。

イメージ 5

次はブレーキレバー。
これも幸い、たいした傷ではありませんでした。
レバーの締め付けがそれほどきつくなかった為に地面にぶつかった
ショックでレバー本体ごと動いたのが結果的に良かったようです。

イメージ 6

目の細かい平やすりで軽くキズを削ります。
この後、こちらも目の細かい紙やすりで仕上げれば・・・

イメージ 7

ほとんど見立たなくなりました。
あとはまっすぐに直せばこちらも修了。


そのほかのバーエンドもごくごく軽くサンドペーパーを当てて終了。
QRヘッド、ペダルは特に手を入れることもなくそのまま(笑)

さあ、中古タイヤだけどほとんど乗らずに劣化したタイヤを
すり減らすよう、これから頑張って乗りましょう。