さて、「その2」では参加者の皆さんの愛車を簡単にですが
ご紹介しましょう。
画像でもお分かりのように、すでに日も暮れ薄暗くなっており本来の
色も詳細もわかりにくくなっています。
また残念ながら何台かはアップを自粛?いえいえ撮影もれしていますが、
こちらもご勘弁を。

イメージ 1

初参加のKenさんのエベレスト プロフェッショナル!
レストアしたばかりで、とても綺麗な仕上がりでした。
(フレームだけではなく部品類の状態もとても綺麗でした)
メインパーツは初代ジュラエースですがFD、RDはカンパに
変えられています。
何より素晴らしいのは1977年(とお聞きしたと思う)に直接、土屋製作所に
出向いて注文されて以来ずっと所有されているということ。

イメージ 2

同じくエベレスト プロフェッショナルは岡崎のT氏。

このフレームはとあるショップの倉庫に埋もれていたデッドストック。
自分は10年以上前から存在を知っていたものの残念ながらサイズが合わず・・・
オールカンパ、チェンホイールがトリプルで実用的??
(フリーも結構、歯数が大きい?)
サドルは新しいものの乗って楽しむことを考えれば・・・
ポンプにもエベレストの文字入りでポイント高い?

イメージ 3

滝ちゃんのコルナゴ82ヌーボメキシコ。
もちろん、オールカンパでコルナゴ刻印入りパーツ多数。
ただし、刻印入りパーツは75年頃のもの。
当時、75年コルナゴに乗っていたもののクラッシュ?フレームを破損。
のちに82ヌーボメキシコのフレームを購入、75コルナゴの一部パーツを
移し替えたもの。
75、82年では、結構な時差があるものの、今となってはほとんど
気にならない?(笑)

イメージ 4

田爺さんが新たに手に入れたという82~?プロトン。
コルサとしては涙もの?出会いだった(笑)
というのは1982年にオーダーして、このパールホワイト、この新マーク、
そっくりのフレームで長くレースを戦っていた為。
そのフレームは塗り替えてしばらく乗った後、手放して今はない。
まるで初恋の彼女に会ったようで懐かしくて泣きそうになった(笑)

メインパーツはサンツアー シュパーブ。
ただシュパーブでも一部やや年式のずれがあるか?
サドルが新しいのとフリーがシマノ?と思われるのがやや惜しい。
(サドルは乗って楽しむ為なら・・・)

イメージ 5

かわらざえもんさんのズノウ。
こちらもサンツアー シュパーブ仕様。
田爺さんや、このかわらざえもんさんの旧シュパーブ仕様を見ると・・・
自分も、また組みたくなってきます(笑)
以前、メインパーツはもちろんピラー、ステムまでシュパーブで
組んでいたことがあるのですが・・・
今はばらしてしまっているので。

イメージ 6

1959年という本物の?ヴィンテージ車、プジョー。
オーナーbenalpeuさんがこだわってレストアした自転車で
部品もフレームの年式にほぼそろっている古い時代のものですが調子は
良い様子、走行も快調でした。

イメージ 7

fre*i*ec*rdさんのモトベカン。
1976年とお聞きしたような?
部品はほとんど好みのものに入れ替えて楽しんでおられる様子。
ガード付きで、やや太いタイヤを入れています。
詳細を拝見したりお聞きする余裕がなかったのが残念。
また、今度(笑)

イメージ 8

私が乗って行ったのは、いつものチネリ。
こうしてみると、ステムが高くて格好悪い?(笑)
ただ、骨折の影響で足が曲がりにくいのでハンドルが比較的、高く手元に
近いチネリに今回は乗って行きました。

まあ、本当の理由はタイヤが大丈夫そうだったからですが(笑)

イメージ 9

今回、エベレストが2台集まる予定でしたので、くさやんさんに頼んで
展示用に持ち込んでいただいたエベレスト ランドナー?
(田爺さんもプロトン以外にエベレストを持参してくれたので3台のロードが揃った)
70年代以降はレーサーの印象が強いエベレストですが、これは
ホイールサイズが650Aの、本当のランドナー。
残念ながら日が短い時期ということもあり駐車場に戻った時には
暗くなってしまい皆さんに見ていただく時間がありませんでした。
この自転車についてはいずれ、別の記事で、ご紹介するつもり。多分・・・