今まで、いろいろな自転車をレストアしたりオーダーすることを
想定して部品を買いこんできました。

十数年前、何件かのショップさんの倉庫に出入りできるようになりました。
当時、すでに管理職で、そこそこの給料をもらっていた
上に独身だったので・・・
大人買い、爆買い状態がエスカレートする一方でした(笑)
(今は会社員ではなく当時の貯えで、なんとか食っているような・・・)

それは「サイクルスポーツのオールパーツカタログを実物で作ろう」
ぐらいの勢いだったのです(笑)
そうやって、いろいろな部品を買いこんできましたが、なかには
買いもらしたものもあります。

特に手薄なのはペダル関係でしょうか?
特に困っていたのはカンパのピストペダル。
チネリ用の鉄レコードピストペダルはネットで未使用品を手に入れることが
出来ましたがデローザ用のスーパーレゲロピストペダルがまだありません。

新品の在庫を見つけてもお高いですし、中古でも程度がよければ、
それなりのお値段です。
ある日、オークションサイトを見ていると妙な加工がされたペダルが
出品されています。
ケージの外側が妙な加工がされている以外は程度が良いように見えます。
「これならケージの外側をカットしてピストペダル風に改造できるので」
と考えました。
出品価格は12,500円と変な加工を無視すれば程度の良い中古としては
安く思えます。

イメージ 1

イメージ 2

落札したペダルがこれです。
カンパ スーパーレゲロ ロードペダルを改造したものです。

イメージ 3

でもなぜ、こんな加工をしたのでしょうか?
軽量化したいならピストペダルのように加工したほうが効果が
大きいでしょうし。
足の大きな人が幅広の靴(スニーカーとか)で乗る際に上側に飛び
出している部分が邪魔になり先端だけカットしたのではないかと
私は考えています。
ケージには靴で摩耗した形跡もほとんどありません。
ペダルキャップも、わずかにメッキのキズ、はがれがあるだけで状態は
良い方でしょう。

イメージ 4

シャフトのメッキも綺麗です。

イメージ 5

トウクリップのネジも、なめたりしておらず問題ありませんでした。

イメージ 6

ただ一点、些細なことですが「蹴返し」の部分がわずかに削られていました。
これは出品画像でも気がついていましたが何のために、
これだけ削ったのでしょう。
まあ、これは黒くタッチアップすれば問題ありませんけど。


点検の結果、変な加工があるだけで、思った通りほとんど走行の
形跡もない良好な中古ペダルだということがわかりました。
このロードペダルをピストペダル風に改造することにします。
まずは鉄レコードペダルとなりますがピストペダルと比較してみましょう。


イメージ 7

ペダルを後ろから比較したところ。
材質の違いで穴の大きさが全然違うことが、お分かりになるかと思います。
画像左側をどのように加工するか考えます。
(ミカシマなどでは鉄とアルミでこんなに極端な違いはないのですが)

イメージ 8

ペダル後ろプレートの内側。
この違いはレコードとスーパーレゲロの違いなのか、
ロード用とピスト用の違いか判りませんが・・・
(調べてもいません・・・すみません)
ストラップでクランクを擦りにくいスーパーレゲロの形状の方(左側)が
良いので、ここはこのままで行くことにします。

イメージ 9

ペダル前プレートの内側の違い。
違いは微妙ですし、これもこのまま行くことにしましょう。

※つづく