前回でロードペダルからピストペダルへの改造は
完了しました。
まあ、良い買い物をしたかなと?(笑)


今回はペダルのキャップの話です。
ピストペダルは外側にケージがないので気を付けていても
ペダルキャップをぶつけて傷めてしまうことが、たまにあります。

カンパに限らず古いペダルのキャップは入手しづらくなって
いますので対策しておくことにしました。

イメージ 1

用意したのはこれ。
ミカシマのシルバン プライムのキャップ。
ご存知の方も多いかと思いますがシルバンのキャップは
カンパに流用できるのです。

プライムは文字もなくシンプルで綺麗に仕上げられているので
カンパなどにも似合う?と思います。
(キャップ回しの工具もカンパとシルバンで互換性があります)

ちなみに同じミカシマでもユニーク系とはネジ径もキャップ回しの
形状も違います。
さらに、ミカシマのネジにも種類がありシルバンのキャップが同じ
ミカシマのユニーク系に合うとは限りません。

また、シルバンにはプライム(上級タイプ)以外に
スタンダードタイプもあります。
スタンダードタイプを買って自分で削りたかったのですが今回は
ショップさんの在庫にあったプライムのキャップを使いました。

イメージ 2

画像「右」はカンパのキャップ。
古いものは鉄製もありますが、これはプラスチック製。
こうしてみるとギザギザの数は一緒ですが形状は微妙に違うことが
わかります。
(見にくくてすみません)
カンパのキャップには中央に穴が開いています。
カンパらしさ?を出す為に真似して穴を開けてみようかと
思いましたが水やホコリが入るだけですので止めておきましょう。
(いったん穴を開けて内側を接着剤などで塞ぐ手も考えましたが)

イメージ 3

イメージ 4

ネジはぴったりなのですが・・・
実は問題があります。
どうやらカンパ ペダル本体のネジ部分は、やや短いようなのです。
その為、このように1ミリ以下ですが隙間が空いてしまいます。
このままでも使用に問題はありませんがキャップのネジ部分を
少し削りこむことにしましょう。

イメージ 5

キャップ自体を傷つけずに万力などに固定するのは難しいので
逆にヤスリを作業台においてカップをスライドさせて
削ることにします。
この時キャップの位置を少しづつ変えて万遍無く水平に近く
削るように気をつけます。
水平でなくても、特に問題はないのですが、意外にネジ部分が
短いので念の為。

イメージ 6

完成。
キャップのネジをわずかに削れば隙間なく取り付けることが出来ます。


これをデローザ ピスト用として使うことにします・・・
といっても、ついついビンディングペダルで乗ってしまうのですが。
(骨折後は特にトウストラップを締めるのが辛いこともあり)

※「カンパペダルの改造」おわり