タイヤも3セット目で、そのタイヤも中央が平らに減りだして・・・
結構な距離を乗っているBSモールトン。
以前、ヘッドパーツをグリスアップした時も、すでに調整だけでは
どうにもならない状態でした。

イメージ 1

最近はトーエイとデローザばかり乗っていて(あと少しピストも)
BSモールトンはほとんど乗っていなかったのですが
久しぶりに乗ってみると・・・
その余りのヘッドパーツの不調に自分ながら驚いてしまいました。

イメージ 2

早速、分解してみると・・・
ベアリング痕が点々と。

イメージ 3

下側ワンにもベアリング痕が。
「こ、これは酷い」
道理でステアリングが滑らかではなくぎごちないはずです。
まあ、最初にも書いた通り
「以前、ヘッドパーツをグリスアップした時も、すでに調整だけでは
 どうにもならない状態」
だったのでさらに進行していることは予測していましたが、これでは。

イメージ 4

イメージ 5

では、なぜ、以前グリスアップした時にHPを交換しなかったのか?
それはBSモールトンのHPが特殊な為。
構造自体は、ごく普通なのですが・・・
上側が1インチのスレッド、下側が1-1/4インチと上下の
サイズが違うのです。
(ちなみに純正は上側は鉄製、下ワンはアルミ製)
そして下側の1-1/4インチサイズはMTBがオーバーサイズ化した
時代にはよく見られたのですが・・・
最近では、MTBに限らずロードまでもが、ほとんどがオーバーサイズ化
していますが他のサイズや構造となり
このサイズは、ほとんど流通していないようなのです。

もちろん、ブリジストンの純正補修パーツを取り寄せれば
簡単なのでしょうが・・・
今まで3台のBSモールトンに乗ってきましたが純正部品自体の品質が
それほど高いとは思えません。
(以前、ショップさんでもモールトンの弱点の一つと聞きました)
それで、純正以外を探していたのですが・・・
なかなか見つからず交換に踏み切れなかったのです。

イメージ 6

今回、知人のショップで探してもらうと引き出しの奥から
1-1/4インチサイズの古い売れ残りが出てきました。
ダイアコンペの名前が入っていますが製造はタンゲ製です。
これを購入して使うことにしました。

もったいないのですが下側しか使いません。
それを知っている店長が格安にまけてくれたのは嬉しかった(笑)

部品の目途はついたもののBSモールトンの難点は続きます。
※つづく