昨年、自転車でトレーニング中に落車、骨折。
大腿骨の付け根を人工関節にしました。
骨折、手術部分は順調に回復、トレーニングの結果、骨折前の
90%以上の力を取り戻していると思います。

ただ、トレーニングから日常生活まで違和感、痛みを感じていたのが
骨折部分ではなく左膝。
レントゲン検査なども問題なかったのですが。

その後も骨折部分はどんどん違和感がなくなってきたのに左膝は全然
痛みが取れません。
そこで病院に、お願いしてMRI検査を実施してみたところ・・・

診断結果は「左膝、前十字靭帯損傷」
医師には
「トップアスリートなら引退を考えるレベルのケガですね」
と言われてしまいました。

前十字靭帯損傷の治療には「手術治療」と「保存治療」の
2つの治療方法があるそうですが・・・
スポーツ復帰を望む場合は手術治療を行う必要があるそうです。
というのも、前十字靭帯は放っておいても自然治癒しない
のだそうです。

また、保存治療では限界があり、レク・遊び程度の運動であれば、
サポーター着用で可能になりますが・・・
本気でスポーツをしたい
人にはかなり物足りない?レベルとのことでした。

担当医師は
「手術しても効果をどれほど実感できるか」
「とりあえずサポーター着用で様子を見ましょうか?」
という感じなのですが・・・


この診断を聞いてから・・・
それまでと状況は変わらないのですが自転車トレーニングにも
日常生活でも、それ以前に比べてなぜか「違和感、痛み」
を感じるように(笑)
それだけ、以前より意識が左ひざに行っているのでしょう。

イメージ 1

そんな状況ですが今日(27日)も朝バンク練習及びポタリング
に行ってきました。

でも・・・・
今更ですが、このままトレーニングしても良いのでしょうか?

医師は「トレーニングしてはいけない」とは言ってないけど。
次回、診察に行ったら
「トレーニングしてはいけないとは言っていないが、靭帯損傷、といえば
 普通、トレーニングなんかしないだろう」
と怒られてしまうかも(笑)
前十字靭帯損傷とは言っても今でも
「少々の痛み?と違和感?だけ、で何とか自転車トレーニングは
  出来るんだけどなぁ」
(普段から痛む左膝が前傾姿勢を取ると更に痛みが増してしまう)


そうそう・・・先日の診察の時、先にも書いた通り医師に
「トップアスリートなら引退を考えるレベルのケガですね」
と言われたのに対して、
「自分はトップアスリートではないので近々の引退は考えない。
 でも何とか、あと10年、せめて5年は走りたい」
と言ったら医師も看護師も、みんな失笑していたような(笑)