7月3日から走行を始めたクレメン ストラーダLGG(700×25C)
タイヤが約3か月+@で通算走行距離2,000キロを超えました。

イメージ 1

イメージ 2

フロント1001キロ使用+リヤ1031キロ使用=通算2032キロ
使用の現後輪(ややこしい)の様子。


イメージ 3

イメージ 4

リヤ1001キロ使用+フロント1031キロ使用=通算2032キロ
使用の現前輪の様子。

2本ともフロント使用距離、リヤ使用距離が、ほぼ同じため、
摩耗状況もほぼ同じ。

これでクレメン ストラーダLGGのトレーニングタイヤとしての
使用は終了。
これからは本来の目的、サイクリング用となり走行距離の伸びも
にぶることになります。
本当は、このまま一気に3000キロくらい使用して寿命近くなっての
タイヤの摩耗状況を確認したい気もするのですが・・・

イメージ 5

ちなみに画像は新品時の様子。

クレメン ストラーダLGGの感想は・・・
一言で言えば「気に入っている」でしょうか。
その前に使っていたグランボアのセールブリュ(700-26C)タイヤと
比較するとクレメン(700-25C)の方がハンドリングが少し鋭敏な
感じがしたのは・・・
太さのせいでしょうか?
(表示では26Cと25C、実測でも、あきらかにセールブリュの方が太い) 
ウカイ スリムリムとの相性? 
空気圧のセッティングの違い? 
それとも単なる気のせい???(笑)

いずれにしても両タイヤとも好きですが、どちらかと言われれば自分の
トレーニングメイン+サイクリング少々といった使い方では
クレメン ストラーダを選ぶと思います。

イメージ 6

クレメンのマークもかなりくたびれてきました。

イメージ 7

さて、これからのメイントレーニングタイヤは・・・
以前使っていて1000キロを超えたところで休止していた
グランボア コルデマドレーヌ。(700-23C)

※画像は新品時の様子
今度は使い切るところまでトレーニングタイヤとして頑張ってもらうつもり。
そうなると、だいたい最低でも通算走行距離3000キロくらいでしょうか?
長い道のりです?(笑)
でも、まあ当面の目標は年内に通算走行距離2000キロ達成かな?