今年は4月序盤で主力機をトーエイからデローザに
交代しました。
それからの走行距離は・・・ざっと6000キロ。
もちろん、乗っているのはデローザばかりではありませんが
主力には違いありません。
それで気になるのはタイヤの摩耗とチェーンの摩耗。

イメージ 1

久しぶりにケージを当ててみると・・・

イメージ 2

イメージ 3

菱形の窓の奥にみえる数字が摩耗の目安。
「あれれ、なんと、やばい状態に」
数字が「1.0」近くに見えますよね・・・
通常、この数字が0.75ぐらいでチェーン交換の目安。
1.0ではギヤも交換!?なんて書いてあるマニュアルも
あるんです。

さっそく、手持ちの「中古」から程度の良さそうなやつに
交換しておきました。
ただし、デュラエースからアルテグラクラスになりましたが・・・
チェンジに問題はなさそうなので一安心。

ちなみにチェーンは「伸びる」と表現しますが実際は摩耗すると
いうのが正しいそうです。
各部が「伸びる」のではなくピンやローラーなどが使用することに
よって少しづつ摩耗し、
それが積み重なって伸びたように見えるとのこと。