イメージ 1

駆動系はこのようにまとめました。

イメージ 2

チェンホイールは杉野マイティ ビクトリーMCV-S。
このチェンホイールは以前も書いた通り、ほとんど
見たことがありません。


このマイティビクトリーMCV-Sのギヤ板はロード用で、
いわゆる「薄歯」です。
このタイプの「厚歯」のギヤ板が存在したのかどうか
いまだにわかりません。
ちなみにマイティビクトリーで呼ばれるギヤ板はマイティ
コンペタイプにも存在しそちらは「厚歯」で裏面にリブ
タイプの加工が施されています。
詳しくは、上記の過去記事にあります。ご覧ください。

イメージ 3

マイティビクトリーのクランクはマイティコンペとは
違ってクランク裏が肉抜きされています。
もちろん、左右両側同じようになっています。

イメージ 4

チェンリングが薄歯ですからリヤ小ギヤも薄歯です。
今回はサンツアーの薄歯を使っています。

イメージ 5

前後のギヤに薄歯を使っていますからチェーンも当然、
ロード用を使用。
報国のブルースカイチェーンを採用しました。

イメージ 6

BBはフレームに付属していたマイティを使用。
チェンホイールにマイティビクトリーを使ったのでスギノの
スーパーDX(SDX)やアルミワンを使っても良いかと
思ったのですが、とりあえずフレームと同時代のものと思われる
BBをそのままグリスアップして使うことにしました。
これは、今後、前述のどちらかに組み変えるかもしれません。

杉野のBBワンについての記事⇒ https://blogs.yahoo.co.jp/corsa2003sp/40256092.html

イメージ 7

見た目は若干、「ヤレ」がありますが乗った形跡はほとんど
ありませんでした。

イメージ 8

シャフトは刻印があり黒色仕上げのもの。
マイティの古いシャフトは①黒色仕上げで刻印がなく、その後、
②黒いまま刻印が入ります。(今回のモデル)
そして最終的に③銀色仕上げ(刻印有)に変わっていきます。

刻印にも、いろいろパターンがあるようですが・・・
くどくなるのでここでは触れません(笑)
ギヤ比はちなみに50T×16Tで少し軽めの
トレーニング用にセット。

※つづく