前回はフランスのザックスフリーをご紹介しましたが今回はイタリアの
レジナ EXTRA BXをご紹介します。

イメージ 1
↑今回のサンプルの特徴はボスタイプながら8速仕様であること。

イメージ 2
↑歯数は13-14-15-16-17-18-19-21T
なっています。

イメージ 3
↑歯先の間隔はこんな感じ。

イメージ 4
↑それでは、さっそく分解してみましょう。

イメージ 5
↑やはりトップがセカンドギヤにねじ込まれているタイプでした。

イメージ 6
↑トップとセカンドギヤを分離してみました。

イメージ 7
↑トップ、セカンドを抜いてしまえば3枚目からはスプライン式でした。

イメージ 8
8枚のギヤをすべて抜いてみました。

イメージ 9
↑フリーボディの様子

イメージ 10
↑裏面から見たところ。
スプラインのスプロケットの「ツメ」は3本爪です。
このスプロケットは裏表、間違えても組めてしまうタイプですね。

イメージ 11
↑抜き工具は、当たり前といえば当たり前ですがレジナでOKでした。
画像の工具はパークツール製のレジナ向けです。
  

※次回は国産フリーを取り上げる予定。