最近、日常のトレーニングに使っているクレメン ストラーダLGGタイヤ((700×25C)の走行距離が4000キロを超えました。

このタイヤ、2017年に走行開始、3カ月ほどで2000キロを走行し(あの頃は元気だったんだなぁ)一旦、休止して他のタイヤを消費していました。

そして、2021年9月走行再開(4年も経ってしまった!?)、そして今年、2022年1月10日、通算走行距離4032キロになりました。

s-DSC_4069 (2)

s-DSC_4071 (2)
↑↑、↑前輪での走行1980キロ、後輪での走行2052キロ、トータル走行距離4032キロの現在での前輪。

s-DSC_4078 (2)

s-DSC_4088 (2)
↑↑、↑前輪での走行2052キロ、後輪での走行1980キロ、トータル走行距離4032キロの現在での後輪。

このまま、4500キロを超えるまで走って、その時点で前後ローテーション。トータル走行距離5000キロ超を目指したいと思います。
s-DSC_4087 (2)
↑タイヤサイドの傷みも目立ってきたので・・・やはり5000キロ超が目安でしょうか。