イメージ 1

2月1日は天気もよく気温もあがりそうとのことで以前から行きたかった
名古屋市 北東部の志段味(しだみ)古墳群の散策に行ってきました。

使用したのはブリジストン モールトンで、ナビ、ショルダーバックになる
リクセンカウルのバックを装備。

イメージ 2

尾張旭市の城山公園の駐車場から走り出し森林公園を抜けて造成中&新興住宅地を
走っていると志段味大塚古墳を発見。
(全然土地勘がない場所だったのでナビのおかげ・・・)
志段味大塚古墳は帆立貝式古墳で墳丘長は51m、5世紀後半の古墳とのこと。

イメージ 3

志段味(しだみ)古墳群は今後、「歴史の里」として整備される計画とのこと。
そのせいか、主な古墳はどこも、ちゃんと説明板が立っていました。
ここの古墳、以前は樹木が生い茂っていたようですが近年、伐採されたようです。
「歴史の里」として整備、保存されるのは嬉しいことですが
「樹木を伐採して芝生を貼り付けただけの、
どこの公園にもあるような小山」にされてしまうのは・・・・
樹木が生えたままの姿の方が好ましいような気もします。

イメージ 4

次に向かったのは愛知県下3番目の大きさを誇ると言う
白鳥塚古墳(前方後円墳 墳丘長115m)。
墳丘には石英の白い石が敷きつめられている(いた?)といい、それがこの古墳の
名前の由来とも言われています。

イメージ 5

作られたのは4世紀後半頃とされ志段味古墳群の中でも最初に
作られたとする説があります。
古い古墳ですが素人目にも墳丘、周濠などとても、よく残っています。
以前は墳丘に自由に登れたようですが現在はロープが張られており古墳域内に
入るのはひかえました。
画像左手が後方部、右手が後円部。後方部に対して後円部が極端に高いのは
古い時期の前方後円墳の特徴のようです。


ここで、いったん古墳群を離れて走行距離を稼ぐことにします(笑)
県道15号、国道155号線を北東方向に進み定光寺公園まで往復することにします。


イメージ 6

途中、交通量多い県道15号を離れ定光寺公園まで山越えするルートを選んでみました。
(ナビもお勧め?のコースだった)
すると入り口付近は産廃処理業者のゴミだらけの道で雰囲気はよくない上に
未舗装(雨上がりでドロドロ)。
引き返そうかと思いましたが、そのうち舗装道路に。
回りの雰囲気も良くなって来たので進んでいきますが、これが急な山道に。
画像は峠手前と思って撮影しましたが実は、この後もしばらく急な登りが続いたのでした。

イメージ 7

定光寺公園に到着。
ここで休憩兼昼食。
ここは学生時代に何度か来た事があるはずなのですが・・・
なぜか全然、記憶に結びつく所がありませんでした(笑)

今日は、ここまでは走行距離を稼ぎに来ただけなので、休憩後は引き返します。
帰りは庄内川の右岸に渡り高蔵寺町に向かいます。
(高蔵寺町は庄内側をはさんで志段味古墳群の対岸にあたります)

イメージ 8

高蔵寺町の住宅内を探索すると・・・
住宅地にはさまれて古墳が出現、ここが高蔵寺三号墳です。
(この古墳は志段味古墳群には含まれません)

イメージ 9

道路と反対方向に横穴式石室が開口していました。
資料によっては「天井石の一部が消失」と書かれていることがありますから
復元されたようです。

イメージ 10

内部には入れませんが柵の隙間から撮影。

この後は対岸の志段味古墳群に戻ります。

つづく。