コルサの毎日がヒルクライム

2016年11月

イメージ 1

いよいよ、明日は古典ロード走行会です。

天気も今夜中には回復して明日は良さそうなので予定通り行います。

集合時間は9時30分です。
万一、遅れそうな場合、急な用事でキャンセルされる方、
集合地点がわからなくなった方などは下記の番号に
ご連絡ください。

また、ドタ参もOKです。

コルサ→ 

集合地点の再確認など昨日まで、ここにアップされていた参加要項は
書庫、「古典ロード走行会」にあります。
ご確認ください。

今回は、走行距離が少なく、おしゃべりの時間が多い?と
思われます(笑)
気温はそれほど寒くはなさそうですが体が冷えるかもしれませんので
寒がりな方?はウィンドウブレーカーなどご用意されるほうが
良いかもしれません。
(おしゃべりは食事場所、喫茶店がメインになると思いますけど)

それでは、お気をつけておこしください。

新城ラリーなどのご報告で順番が入違ったり、すっかり遅くなって
しまいましたが今回は「ドライブ&縄文文化のお勉強」のご報告。
今更ですが文化の日にふさわしい過ごし方だったでしょう?


11月3日は仕事も休み。
そこで、渥美郷土資料館で行われている
「渥美半島の縄文貝塚と保美貝塚」
という企画展を見に行くことにしました。

いつもなら・・・
自転車で行くところですが?骨折あとで距離に不安があるので
自転車トレーニングを午前中に軽く、午後からスーパーセブンで
出かけることにしました。

会場の田原市渥美郷土資料館は伊良湖岬まで、もう少しのところに
あるので、ご興味のある方はドライブを兼ねて行かれても
良いかと思います。

なお会期は12月11日(日)までとなっています。
今回の企画展は「国民文化祭」関連行事となっているようです。

イメージ 1

田原市渥美郷土資料館
田原市博物館とは違うので、ご注意を。

田原市渥美郷土資料館
→ http://www.taharamuseum.gr.jp/siryoukan/


以前、行われた保美貝塚での発掘調査説明会の記事




イメージ 2

最初の画像が表紙になっているパンフレットは表紙、裏表紙を含め
16ページになっていて情報が詰まっています。
企画展も無料ですしパンフレットも無料でいただけるので、
ぜひいただいておきましょう。

実は、この表紙は、いま、あちこちの美術館、博物館に置かれている
企画展案内のチラシと全く同じデザインで
企画展入り口受付でチラシと思い「いらない」と言いそうになりましたが
チラシと同じデザインのパンフレットですから間違えずに
いただいておきましょう(笑)

イメージ 3

パンフレットには企画展のメイン、保美貝塚だけではなく渥美半島の
貝塚などにも触れられていて地元(田原市)の縄文時代に興味の
ある方には良い資料になるでしょう。

イメージ 4

裏表紙には渥美半島の縄文遺跡(主なもの)の所在地地図も
載っています。
これは遺跡巡りの良い手掛かりになりますね。
(自分は既にほとんどまわってしまっている?)

イメージ 5

展示の様子。
はっきりいって展示はこの画像+@程度と、ささやか。
ただ、1階、2階の常設展(無料)も普段通り見られます。
そちらにも縄文時代~から近年までの展示があります。
大がかりなものではありませんが縄文遺跡、文化に興味のある方なら
楽しめるはず。

イメージ 6

展示の一部。
右の奥の大きなものはクジラの脊椎骨。
その手前にマグロの脊椎骨。
そして左半分はアシカの骨だそうです。

縄文時代には、さすがにクジラを自力で捕ることは難しかった
と思われるので弱ったり死んだりして漂着したものでしょうか。
(今でも何年かに一度、時々、渥美半島にクジラが漂着します)



マグロは貝塚の面している三河湾では取れない外洋性の魚のはず。
という事は太平洋岸、それも沖に船で漕ぎ出し釣ったりしたのでしょうか。

そしてアシカの骨。
アシカというと何となく冷たい海の生物という気がしますが・・・
現代でも迷ってきた?「多摩川のタマちゃん?」の例もありますね。

ところが郷土史の本を調べてみると渥美半島には明治時代までアシカが
生息していたという記事がありました。
明治時代まで渥美半島にアシカが?ちょっと意外な気がしますが・・・
これについては、今後、機会があったら、
もう少し調べてみることにしましょう。

イメージ 7

「ささやかな展示」と書いてしまいましたが自分には興味ある展示物。
常設展と合わせてじっくり見たり、ロビーにある過去の企画展の
資料本、他の博物館の展示案内のチラシなどを念入りに見たうえで何冊か
購入していたりしたら、すっかり夕方になってしまいました。

帰路の国道から、ほんの少し離れて夕方の漁港に立ち寄りセブンの画像を一枚。

13日はクラシックカーフェスタ尾張旭に参加しました。
今回はフリマにも参加し車関係の古書を販売しましたが・・・
やはり、車雑誌はすでに不人気。
あまり稼ぐことは出来ませんでした(笑)

イメージ 1

4輪、3輪(オート三輪とかの参加もあります)会場全体の様子。

イメージ 2

モーターサイクルの展示。
例年より参加者が少ないようで少し寂しかった。
噂によるとエントリーしていたものの、あまりの好天にキャンセルして
ツーリングに行ってしまったバイクが多いとか?

イメージ 3

自転車部門も少し寂しいような・・・
せっかくの中京地区での旧車自転車イベントです。
来年は皆さんもっと盛り上げましょう。

イメージ 4

ホンダ スポーツ系。1964~1969

イメージ 5

ジャガーEタイプ 1966

イメージ 6

ポルシェ356系と911 1959、1963、1972

イメージ 7

トヨタ2000GT 1975

イメージ 8

コスモスポーツの特徴ある後姿。1969

イメージ 9

デトマソ・パンテーラGTS 1972

イメージ 10

コルベットスティングレー 1969

イメージ 11

ライレー ゲーム コック スペシャル 1931

イメージ 12

わかる人はわかる?KPGC110

イメージ 13

日産シルビア 1965、1967

イメージ 14

セリカ リフトバック 1975

イメージ 15

ロータス セブンにヒーレースプライト 1964、1961
やはり、気になるのはセブン(笑)
1964年のセブンは、うちのスーパーセブン(1989シャシー)
のご先祖様にあたる???

イメージ 16

ミゼットの前に置かれた
「明治時代の子供自転車」どちらもすごい。

イメージ 1

「第18回 古典ロード走行会」が、いよいよ迫ってきました。

まず、お断りしておきたいのですが・・・
当方のケガの回復が思いのほか?ゆっくりのようでして(笑)
(もっと、ぐんぐん回復してバンバン走れるようになると勝手に考えていたんですが)

その為、走行距離は少なく30キロほどとなります。
また、極端な登りはありません。
ということで「走る」という点では少し物足りない方も見えるかもしれません。
まあ、この会はもともとガンガン走る会ではありませんでしたので
ご理解いただけるかと勝手に考えております。


日時  2016年 11月 20日(日)
    9時30分集合 簡単な自己紹介後、10時頃スタート予定

    雨天の場合は集合は「古典ロード ミーティング」に変更しますが
    その場合、前日連絡で集合地点の変更の可能性がありますので
    ご注意ください。
    (集合地点の変更がある場合、このブログにて前日に発表します)



集合場所  愛知県豊橋市の「万場緑地(万場調整池)」の「東側駐車場」です。
        愛知県豊橋市西赤沢町字万場
        http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=1236
        (↑ ヤフー地図へのリンクあり)
        (事務局コルサ宅を、ご存知の方。うちから南へ約4キロの場所です)  
       

集合地点詳細  http://www.city.toyohashi.aichi.jp/green/park/manba_ryoku.html
        図の右側(東側)のテニスコートの道を挟んで向かい側の駐車場です。
        トイレ、水場あり。
        駐車場近くには自販機は1台のみ。
        食料、飲料など購入される方は大清水インターからコースまでに
        何軒かあるコンビニで調達した方がよいでしょう。

        ※昼食時間の混む時間帯を避ける為、早めになる場合があります。
         (11時過ぎ~、朝飯の食べすぎ注意)


集合地点を具体的に説明すると(名古屋、岡崎、蒲郡、豊川方面から来た場合)

々馥撮横街羸?譽丱ぅ僖后別砧繊法大清水インターを側道(左)へ降りる。
大清水インターを降りたところ、すぐの信号を右折。
 (国道23号線バイパスを浜松方面から来た場合は、すぐ左折)
F擦覆蠅烹吋ロほど進むと交差点の右奥にローソンのある信号交差点あり。
 ここを左折。(県道409号線に)
て擦覆蠅烹灰ロほど進むと下り坂になり「万場調整池」の標識あり。
  標識に従って、ここを右折。(信号なし)
ィ毅娃娃蹇椶曚鼻⊃覆爐汎佑当たりで小さな交差点(信号なし)。
 交差点の手前、右側の駐車場(無料)が集合地点になります。
 (交差点手前、左手の駐車場はテニスコートの駐車場なので乗り入れないこと)

※当日、現場近くで道がわからなくなった場合は前日、このブログに
  発表する当方の電話までご連絡ください。
        
       
走行コース  愛知県豊橋市西部+田原市東部周辺。
        特にこれといった観光地的見どころはありません。
        あしからず。
        (それでも史跡は何か所か予定します)


昼食は途中の、適当な?食堂で予定しています。
(予約なしなので万席の場合、食事場所を求めて、さまよう可能性あり)

走行中の補給食、ボトルは各自、お忘れなく。

詳細は下記をご確認のうえ、参加、ご希望の方は当ブログに書き込みください。
(ご質問も、ご遠慮なく、どうぞ)

基本的なレギュレーション、過去の様子はブログの書庫「古典ロード走行会」で、ご覧ください。


参加予定者
・田爺さん         プロトン
・タキちゃん        コルナゴ
・fre*i*ec*rdさん     不明
・benalpeuさん      仏車
・Kenさん         エベレスト プロフェッショナル
・bx1**rs6*44      エベレスト
・MSさん         見学参加
・かわらざえもんさん  ズノウ?
・kokoさん        富士オリンピック?
・天狗党蒲郡支部代表さん   見学参加
・けったさん       ?
・くさやんさん      ?
・マ・ハロさん       ?
・コルサ          チネリ スーパーコルサ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

新城ラリーでデモラン、展示を行っていたポラリス スリングショット。
画像では見てはいたのですが実車を見るのは初めて。
興味深いので少し調べてみましょう。

イメージ 4

メーカーはアメリカのポラリスインダストリーズ Inc.という会社。
意外に歴史は古く1954年創業、スノーモービル、オフロードビークル、
モーターサイクルやオンロード電動自動車を設計、製造、販売を
しているとのこと。
オフロードビークルの中にはアメリカ軍に正式採用されているモデルも
あるそう。
(ちなみにその車両は日本で公道走行可能)
イメージ 5

日本での販売は(株)ホワイトハウスグループ、オートプラネット。


ネットで以前見た時、ベーシックモデルのアメリカ価格を単純に日本円に
換算すると200万円程度だったので興味を持っていたのですが・・・
今のところオートプラネットさんでの販売価格は未定とのこと。

HPではすでに「ご予約お申し込み 受付中」となっていますが・・・
説明の方に直接、聞いてみると、どうやら排ガス規制のクリアに
手間取っているらしい。
(まだ正式にナンバーが取得出来ていないということ)
エンジンはGM製直4、2.4L、173馬力。
車重は豪華装備モデル?で763㎏とのこと。
そうそう、車両区分は普通自動車3ナンバーだって。

イメージ 6

基本装備でもABS、ESC、トラクションコントロール付き。
豪華装備のSLタイプには前記の装備にバックカメラ、
6スピーカーオーディオも装備されるとのこと。
(スーパーセブンとは大違いの豪華装備?)

日本市場で一番障害になりそうなのは・・・
1980ミリという車幅でしょう。
車幅はフェラーリやランボルギーニなどのスーパースポーツカーと同等です。
日本の狭い山道や市街地、駐車スペースもなかなか辛いものがありそうです。

ただ、「とにかく目立つヤツが欲しい」というのであれば、ある意味、
フェラーリやランボルギーニを上回っているのかもしれません。

純粋に走りの面で考えると・・・
まずはパワーウェイトレシオはスポーツカーとしては十分か。
操縦性に不安がありそうな3輪スポーツですがABS、ESC、
トラクションコントロール付きならば。
サスペンションのストロークも、ちゃんとありそうだし・・・
けっこう、安全に楽しめそう。

3輪スポーツってコーナーで振り回すと、どんな動きをするのかなぁ、
試してみたい、乗ってみたい・・・
誰か知り合いが買わないかなぁ(笑)

「そうだ、オートプラネットさんでナンバーが取れれば試乗車が
 用意されるかなも???」
「でも山道で市場はさすがに無理だろうけど」(笑)

このページのトップヘ