コルサの毎日がヒルクライム

2019年10月

ヤマハ コミュニケーションプラザですが・・・

ここは見学するだけではなくいろいろ体験できるので楽しい(笑)
s-20191013_152415

↑弟子はこう見えて自動二輪の免許を持っています。

愛車はホンダのVTR250!!

s-20191013_152421 (2)
↑弟子は6速全開で280キロ以上出したらしい!

ホントは誰でも出せるけど(笑)

s-DSC_1026
↑自分も(笑)

s-DSC_0951 (2)_LI
↑どう見ても無理っぽい・・・

s-DSC_0972 (2)_LI
↑こっちの方がぴったりだよね!(笑)

人気番組の電動バイク!

s-DSC_0969 (2)_LI
↑大学の周りにこんな女子大生いますよね~

ちなみに弟子は大卒の社会人

s-DSC_0929
↑小排気量でも本物のレーサーは凄いからなぁ

昔、試乗して、すさまじいパワーとレスポンスにヒドイ目にあったことあり(笑)

s-DSC_0936
↑ポリス仕様などもありました。

s-DSC_0961_LI
↑「これ欲しい、4人乗れるし、立ちごけしないし」(笑)

s-DSC_0998
↑2階では本物のGPマシン?にも跨がれちゃいます。

s-DSC_0942_LI
↑私は昔、カートに乗っていたこともあるので懐かしい。

弟子は左ペダルがなにかもわかってない様子・・・
またカートでレースごっこしたいなぁ(笑)

 

※つづく


今頃ですが、先日の連休には磐田市にあるヤマハ コミュニケーションプラザに行ってきました。

いまだ手術後の体調不良で遠出は出来ないので近場でまだ行ったことのない楽しそうなところを選んでみました。

ヤマハ コミュニケーションプラザ

→ https://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/

ヤマハ コミュニケーションプラザはヤマハ発動機の企業ミュージアム。

入場無料ですが、展示内容は大変充実していて興味深い物でした。

s-DSC_1031
↑2020年発売予定モデルがお出迎え?(笑)

s-DSC_0947 (2)
↑1階の展示の様子

s-DSC_1005 (2)
↑2階の展示の様子

s-DSC_1015
s-DSC_1014
↑↑、↑

3階にはプラザカフェがあります。
プラザカフェではパンケーキ、ケーキアソートなどをいただきました。

その他、パスタなどの軽食もいただけます。

s-DSC_1018
s-DSC_1020
↑↑、↑もちろん、各種ドリンクもあります。
おしゃべりとケーキに気を取られて・・・撮影が遅くなりココアパウダーが、とけたうえに沈みかけています(笑)

画像のラムネはドリンクの、おまけ。

 

※つづく


先日、友達からブリジストンの小径車をもらってきました。

友達の子供がアパート暮らしするにあたって買い与えたものの友達の娘はカゴがなくて買い物にも不便という理由で、ほとんど乗らなかったようです。

乗らないままアパートの軒先で雨ざらしとなってしまい各所にサビが発生しています。

 s-DSC01576 (2)
改めて詳細を見てみます。

ブリジストン スニーカー ライトという折り畳み式小径車で防犯登録証を見ると2015年登録のようです。

車輪径は18インチ、6段変速となっています。

タイヤやリムサイドを見ても・・・まったくと言ってよいほど乗られていないまま劣化させてしまったようです。 

とりあえずシートピラーを最大に上げてみました。

画像の状態でBB中心からサドル上面まで660ミリ程度。

私のロードなどのセッティングは690~700ミリですから街乗りには十分、対応できる範囲です。
ちなみにピラー径は27.2ミリですから交換することも容易ではあります。

 

s-DSC01581
スプロケット、チェーンの様子。

ちなみにチェーンは、はずれてエンドとスプロケットの間に脱落しています。

スプロケットは6速ですがロー側から2、3枚目のサビが特別ひどくなっています。

交換品を探したいところですが入院前、8速以前のスプロケットはほとんど処分してしまいました。
まあ、このままでもCRCをかけて、少し乗れば街乗りぐらいなら、なんとかなりそうではありますが。

 s-DSC01591s-DSC01587
重量を測ってみました。11.72キロ!

名前にも「ライト」とある通り、このクラスの小径車としては軽量と言えるのではないでしょうか?

リム、シートピラーなどは最初からアルミ製で、ここからの軽量化は簡単ではありません。

軽量化するとしたらサドル、チェンホイール(鉄製、ただし肉厚も薄く軽そうではありますが)ぐらいでしょうか?
また思い切ってタイヤ、チューブを交換すれば、そこそこの軽量化を達成して、なおかつ軽快な走行を手に入れることも可能でしょう。

 

とりあえず、空気を充填してみます。
チューブは問題ないようで試走することが出来ました。


ブリジストン ブランドですから少し手を加えれば、まだまだ十分、実用に耐えるでしょう。

今後、体調が良くなったら少し手を入れて活用したいと思っています。


以前、手術後、初走行した記事をアップしました。

初走行は9月3日、約一カ月たった9月30日までの様子を報告します。

ライバルはママチャリ&小学生低学年女子

初走行の頃は一回の走行距離が4~5キロがやっと。

(それで、本当に体力の限界でした)

その後、走行距離は10キロ以上は走れるようになりました。

ただ、一回での走行は17キロが最高。

(今も、それで体力、気力の限界なのです)
それもいまだに軽いギヤしか踏めないし(インナーしか使っていない)
アベレージは15キロ程度。

冗談なしにライバルはママチャリのおばちゃんか小学生低学年の女の子ぐらい(泣)

s-DSC01493
↑乗っているのは、まだBSモールトンばかり、ロードレーサーには
恥ずかしくて乗れません。
(撮影用にアウターに入れていますが普段はインナーしか使えない)

それでも9月の総走行距離は229キロ。

そう聞くと結構、走れるようになったと思われるかもしれませんが・・・

朝、夕一回ずつ自転車乗っている以外は
(1回で20キロ超を走るような体力がいまだにない為、朝夕二回に分けて走行)
読書、テレビぐらいで部屋の片付けすらできないくらい、疲れ切ってしまいます。

もともと倦怠感、体力低下で仕事どころか
日常生活すらまともに出来ないのに自転車だけは気力、体力を振り絞って
乗っているという状況・・・

いまだにリハビリ以前といった有様です(泣)


このページのトップヘ