s-DSC01468
↑今回取り上げるのはブリヂストンサイクル、レイダックのサインペン。

レイダックは80年代半ばから90年代にスポーツサイクルに乗っていた方にはおなじみのブランドでしょう。

記憶に間違いがなければ1986年にオールアルミのフレーム(フロントフォークもアルミ)を販売したのが始まりでカーボン+アルミ、オールカーボン、クロモリのフレームなど、いろいろな素材を使ったモデルをリリースしていました。 

ちなみに私も最初期のアルミフレームのレイダックに乗りレースを戦っていました。

s-DSC01461
↑レイダックには後にブリヂストン テーラーメイドというオーダーシステムが採用されます。

テーラーメイドには大雑把に言うとフルチョイスシステムとイージーチョイスの大きな二つのラインがありました。

今回のサンプルにも箱に「TAILOR-MADE」の文字があります。
ですからレイダック販売時ではなくレイダック テイラーメイド採用時にシステム宣伝の為に1990年頃、配られたものだと思われます。
(画像のライダーはヘルメットではなくカスクをかぶっているのが面白いですね)

s-DSC01467
↑紙箱から取り出した様子。この状態では一見、何かよくわかりません?

小さくレイダック(RADAC)の文字が入っています。

s-DSC01463
↑ケースを開けるとこんな感じ。上側に細いラインで赤、黒、緑などの表示があります。

s-DSC01466
↑フタを外すとサインペンでした。30年近く経っていると思われますから、さすがに乾燥しきっており使用は不可能でした(笑)