ずいぶん、時間がたってしまいましたが11月初旬の連休のご報告です。

3日は岐阜県揖斐郡大野町大字野にある野古墳群に行ってきました。

サイクリングやドライブ計画を練る時に使っている10万分の1の地図帳に「史跡野古墳群」とあるのに気が付いていたのですが古墳群自体の情報を知らず今回初めて行ってみることにしました。

「野古墳群」の名前は所在地の大字が「野」一文字なので、そのように呼ばれているようです。

正直、あまり期待していなかったのですが行ってみると保存状態の良い規模の大きな前方後円墳などが狭い範囲に集中しており、驚きました。

 

前回は5基の古墳をご紹介しましたが現存する古墳は、まだまだあります。

 

s-DSC_1308
↑右が先に紹介した8号墳、9号墳。
左が不動塚古墳ですが前方部がかなり削られているようで低く後円部のみ目立つので円墳のように見えています。
墳長64.0m、築造は5世紀後葉とのことです。

s-DSC_1305_LI
↑モタレ古墳。
帆立貝式古墳、墳長54.0mとのこと。
5世紀後半の築造。

s-DSC_1285
↑南出口古墳から見た登越古墳。
墳長85m、周濠を含む全長は推定130mほどとされています。

s-DSC_1327
↑登越古墳の後円部から後方部を見たところ。
3段築成で二重の周濠があったとされ5世紀後葉の築造とされています。

s-DSC_1342
↑最後に訪れたのは乾屋敷古墳。
手前が前方部、奥側が後円部の前方後円墳です。
しかし中心軸を境に南側の半分が削られており、また後円部には寺が建てられています。
墳長は約79.0mほどあり5世紀初頭の築造とされています。

野古墳群、狭い範囲に大きな古墳がたくさんあり、とても興味深い場所でした。
古墳ファンはぜひ、行ってみてください。
周辺は長閑で環境もよいのでサイクリングなどと組み合わせても良いかと思います。

 

※墳長、高さなど資料によって若干、数値にばらつきがあるようです。
※野古墳の記事はこれで終わりです。